世界の国債比較!先進7ヶ国(G7)の利回りを比較してみた。日本は異常な低金利!

2017/10/20(金)21(土)大阪にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年10月20日(木)21日(土)in大阪。相談希望者はどうぞ!
2017/11/2(木)-4(土)沖縄・那覇にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年11月2日(木)~11月4日(土)in沖縄・那覇。相談希望者はどうぞ!

日本は資産運用に適さない国だが、その背景に日本国債の金利が低い事が上げられる。

では、海外の国債はどれくらいの金利となっているのだろうか?

“世界の国債比較!先進7ヶ国(G7)の利回りを比較してみた。日本は異常な低金利!” の続きを読む

オフショア投資の勧誘や営業とは?投資助言・代理業でも特定の一商品だけの話をするのはNG!

日本の金融庁に登録されていない金融商品の勧誘や営業活動は、金融商品取引法で禁止されている。

なので、オフショア投資商品は勧誘や営業ができないが、勧誘や営業とはどのような事を指すのだろうか?

“オフショア投資の勧誘や営業とは?投資助言・代理業でも特定の一商品だけの話をするのはNG!” の続きを読む

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

オフショア積立投資のスイッチング手数料はいくら?

日本にいながらクレジットカードを利用して海外投資ができるオフショア積立投資。

毎月積み立てたお金はファンドとして運用される。

そのファンドは数種類選択でき、途中でスイッチング(入れ替え)もできるが、その際のスイッチング手数料はどれくらいになるのだろうか?

“オフショア積立投資のスイッチング手数料はいくら?” の続きを読む

オフショア投資は全世界で販売中止となるケースと日本人だけ契約不可となる2つのケースがある!

日本人が加入できるオフショア金融商品は年々少なくなっている。

日本人だけが阻害されていると思っている人もいるが、世界中で契約できなくなるケースと日本人だけ契約が不可になるケースとに層別される。

“オフショア投資は全世界で販売中止となるケースと日本人だけ契約不可となる2つのケースがある!” の続きを読む

香港の法人税率、課税対象所得200万香港ドルまでの場合8.25%に!

香港は法人税率が16.5%であり、法人税率が低い”タックスヘイブン”として知られている。

それだけでなく、課税対象所得200万香港ドル(約2800万円)までの税率を8.25%に半減すると発表された。

“香港の法人税率、課税対象所得200万香港ドルまでの場合8.25%に!” の続きを読む

Pacific Lifeパシフィックライフなど米国の生命保険が日本居住者は契約できなくなったという話。

日本人でも契約が可能であるユニバーサル生命保険を提供しているPacific Life(パシフィックライフ)社であるが、日本に居住している限りは契約が不可能になってしまった。

“Pacific Lifeパシフィックライフなど米国の生命保険が日本居住者は契約できなくなったという話。” の続きを読む

香港の養老年金Sunlife Sun Diamond Incomeサンライフ サンダイヤモンドインカムが2017年末で販売停止になるという話。

日本人にも人気の香港Sunlife(サンライフ)社が提供するSun Diamond Incomeサンダイヤモンドインカムが2017年末を持って販売を停止することになったそうだ。

“香港の養老年金Sunlife Sun Diamond Incomeサンライフ サンダイヤモンドインカムが2017年末で販売停止になるという話。” の続きを読む

ハロウィンジャンボ宝くじの当選確率と期待値は?

10月と言えばハロウィンの季節⁉

そんな季節に合わせて「ハロウィンジャンボ宝くじ」なるものが10月11日(火)から販売されるようだ。

“ハロウィンジャンボ宝くじの当選確率と期待値は?” の続きを読む

10月4日は投資の日!100万円を普通預金に預けた場合、10年後にはいくら利息が付いていると思いますか?

10月4日は語呂に合わせて投資の日。

日本証券業協会が制定している記念日のようだ。

“10月4日は投資の日!100万円を普通預金に預けた場合、10年後にはいくら利息が付いていると思いますか?” の続きを読む

オフショアIFAの社員IDを持っているから安心?国内で営業活動が出来る訳ではない!

オフショア籍の金融商品はIFA(Independent Financial Adviser)を介して契約が行われ、事後サポートまでIFAにお願いする事になる。

しかし、そのIFAが直接営業活動ができる訳ではない。

“オフショアIFAの社員IDを持っているから安心?国内で営業活動が出来る訳ではない!” の続きを読む