RL360°やインベスターズトラストの最低積立投資金額は?500ドル以上で契約した方が

2017年6月in那覇&札幌。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°)やインベスターズトラスト(Investors Trust)などの積立投資商品には、毎月の拠出金の最低金額が設定されている。

しかし、その最低積立金額で契約を行う事は得策ではない。

“RL360°やインベスターズトラストの最低積立投資金額は?500ドル以上で契約した方が”の続きを読む

HSBC香港1日当たりの引き出し限度額が8万香港ドル(HKD)にアップ!

オフショア地域の銀行として、日本人の口座保有者も多いHSBC香港。

そのHSBC香港の1日当たりの引き出し限度額が増額された。

“HSBC香港1日当たりの引き出し限度額が8万香港ドル(HKD)にアップ!”の続きを読む

Sponsored Link

自営業SOHOフリーランスの為の資産運用講座!

働き方が多様化している現代社会。

自営業・SOHO・フリーランスなど、呼称は様々だが、個人で仕事をして収入を得ている人も多い。

そうした人は、老後資金を自助努力で構築していかなければならない。

“自営業SOHOフリーランスの為の資産運用講座!”の続きを読む

インベスターズトラストS&P500Indexは10年100%、15年140%、20年160%で元本保証のラインアップ!

ケイマン島籍のインベスターズトラスト(Investors Trust)には、15年継続して積み立てたら140%の元本保証が約束されている商品がある。

15年で140%に続いて、10年100%、20年160%の元本保証がラインアップされる事になるそうだ。

“インベスターズトラストS&P500Indexは10年100%、15年140%、20年160%で元本保証のラインアップ!”の続きを読む

投資とギャンブルと事業の相違点とは?自分で相場を張るのはギャンブルでその先に事業がある?

資産運用の話をしていると、「投資」か「投機」かという議論になる。

「投機」は「ギャンブル」と言葉を置き換えても良いが、私の中ではFXや株式投資など、自分が相場を張るようなものは「投機」だと捉えている。

“投資とギャンブルと事業の相違点とは?自分で相場を張るのはギャンブルでその先に事業がある?”の続きを読む

不動産投資会社からの勧誘営業迷惑電話を撃退する方法を大公開!

固定電話を使わずに携帯電話しか持っていない人の方が多いと思う。

また、インターネット回線を利用した無料通話をメインにしている人が増えており、いきなり知らない番号から携帯に電話が掛かってくると驚いてしまうのではないだろうか?

そして、実際に出てみると、その9割は不動産投資の勧誘であり、うんざりしてしまう。

“不動産投資会社からの勧誘営業迷惑電話を撃退する方法を大公開!”の続きを読む

オフショア投資のおすすめは?時間・投資先を分散できる積立商品を推奨します!

「オフショア投資でおすすめの商品は何ですか?」とストレートに聞かれることがよくある。

先ずはRL360°(旧名ロイヤルロンドン360)かInvestors Trust(インベスターズトラスト)Evolutionなどの積立投資でスタートする事をおすすめしたい。

“オフショア投資のおすすめは?時間・投資先を分散できる積立商品を推奨します!”の続きを読む

RL360、Investors Trust、Friends Providentなどのオフショア積立投資商品は減額・停止・休止すると手数料比率が上がる!

RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°)やInvestors Trust(インベスターズトラスト)、Friends Provident(フレンズプロビデント)などのオフショア積立投資商品は、積立当初18~24か月が初期口座となっている。

この初期口座が終了すると積立口座へと移行するのだが、ざっくり説明すると、初期口座は手数料を払う部分で、積立口座で資産を増やしていくという商品概要になっている。

“RL360、Investors Trust、Friends Providentなどのオフショア積立投資商品は減額・停止・休止すると手数料比率が上がる!”の続きを読む

オフショア投資のやり方は?IFAに直接連絡して、自分に合った投資方法をアドバイスしてもらおう!

オフショア投資は海外への投資となるために難しく感じる人も少なくない。

しかし、ポイントさえ押さえておけば、そのやり方はそんなに難しいものでもない。

“オフショア投資のやり方は?IFAに直接連絡して、自分に合った投資方法をアドバイスしてもらおう!”の続きを読む

RL360、Investors Trustなどのオフショア積立投資商品は自分でポートフォリオを組める!

オフショア籍の積立型の金融商品、今では日本居住の日本人が契約できなくなったものも含めて多く存在するが、大まかな商品設計は同じである。

毎月、クレジットカードや銀行から引き落とされたお金はファンド運用されることになる。

“RL360、Investors Trustなどのオフショア積立投資商品は自分でポートフォリオを組める!”の続きを読む