シティバンク香港の口座解約方法とは?資金はオフショア地域に残しておくことをお勧めします!

2017/8/17(木)-20(日)東京・横浜にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年8月17日(木)~20日(日)in東京・横浜。相談希望者はどうぞ!

2017年1月1日から香港非居住者の口座保持者に対し、毎月HKD400の口座維持手数料を徴収しているシティバンク香港。

毎月約5千円の手数料となるので、年間約6万円!

安くない金額であるので、口座を解約したいと考えている人も多いようだ。

“シティバンク香港の口座解約方法とは?資金はオフショア地域に残しておくことをお勧めします!” の続きを読む

FTlifeのクレジットカード手数料2.2%に!?

2016年9月に中国・北京に本社を置くJDグループに買収された香港籍のオフショア投資プロバイダー”FTLife”。

クレジットカード手数料はこれまで1%であったようだが、段階的にその手数料率が引き上げられ、2017年11月以降は2.2%になるようだ。

“FTlifeのクレジットカード手数料2.2%に!?” の続きを読む

Sponsored Link

HSBC香港の必要書類・アプリケーション・ドキュメントはどこでダウンロードできる?

HSBC香港はセキュリティデバイスを使って様々な変更を行う事ができる。

だが、変更事項によってはセキュリティデバイスでは行えず、書類の提出を求められる時がある。

その必要書類はどこで入手すればいいのだろうか?

“HSBC香港の必要書類・アプリケーション・ドキュメントはどこでダウンロードできる?” の続きを読む

外資系生命保険とオフショア生命保険は根本的に違う!!

日本国内で外資系の生命保険に入って、海外の商品だから素晴らしい!と思っている人がいたりする。

しかし、それらは日本製になった金融商品なので素晴らしい事でも何でもない!

“外資系生命保険とオフショア生命保険は根本的に違う!!” の続きを読む

日本の生命保険会社の営業マンも契約しているオフショア投資!

本ブログへの問い合わせ、様々な人から質問をいただくが、中には日本の生命保険の営業マンの方が契約を考えていて、メールがきたりする。

また、日本の生命保険の営業マンから勧誘されたんですが大丈夫ですか?と相談をもらう事もある。

“日本の生命保険会社の営業マンも契約しているオフショア投資!” の続きを読む

Friends Provident(フレンズプロビデント)日本撤退から5年!日本人が加入できるオフショア金融商品はどんどん縮小している!

夏になれば思い出す・・・はるかな尾瀬♪ではなく、Friends Provident(フレンズプロビデント)。

2012年8月に日本居住の日本人の受け入れを停止してから早5年の月日が経った。

“Friends Provident(フレンズプロビデント)日本撤退から5年!日本人が加入できるオフショア金融商品はどんどん縮小している!” の続きを読む

まだ年金問題で消耗してるの?

日本の年金問題、問題だ!と思っている人が多いはずだが、それでも問題を先送りにしているのか、もしくは考えることに疲弊して精神を消耗してしまっているのか、対応している人は少ないように感じる。

“まだ年金問題で消耗してるの?” の続きを読む

香港は世界三大金融センターであり日本から最も近いオフショア地域である!

資産運用の話をしていて、海外や香港と聞くと、それだけで嫌悪感を示す人がいる。

香港は金融立国である事を知らないのだろうか?

“香港は世界三大金融センターであり日本から最も近いオフショア地域である!” の続きを読む

HSBC香港は英会話が出来ても口座開設できる訳ではないので要注意!

年々口座開設が困難になっていると言われるHSBC香港。

英語での対応が必須となっているが、英語が話せなたからと言って必ずしも口座開設が出来る訳ではない。

“HSBC香港は英会話が出来ても口座開設できる訳ではないので要注意!” の続きを読む

オフショア投資で失敗する人の共通点とは?

オフショア投資で詐欺に遭ったと感じる人や失敗したと感じる人もいるようだ。

そうした人の共通点を探っていくと、ある共通点にたどり着く。

“オフショア投資で失敗する人の共通点とは?” の続きを読む