笹井氏自殺!?マスコミが日本科学の将来を潰さなければいいが…

2014/08/06

2019年8月12日愛知、17日東京で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年8月12日~18日in愛知・東京!個別相談・面談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。
2019年9月7日~12日in香港!IFA紹介・HSBC香港口座開設・会食希望etc
詳細はこちら! ⇒ 希望者はどうぞ。

理研の笹井副センター長が死亡した。

自殺したようだ。

 

日本科学の成長にはマスコミの成長が不可欠。

笹井氏は理研の副センター長のポスト以上に、STAP細胞で小保方氏の上司としてのイメージが大きい。

自殺に関しては、小保方氏の論文詐称問題での責任も感じていたのだおう。

ここで思うのが、日本のマスコミのあり方だ。

マスコミが妥当な接し方をしていたら、このような展開にならなかったのではないだろうか?

結果として闇に葬られてしまった部分もあるはずだ。

 

確かに論文査証は問題であり、それを許せばいいと言っているのではない。

この問題を通じて、論文や研究以外のプライベート・プライバシーな面を報道する点や、無知な質問で日本の科学技術のスピードを遅らせようとしているのではないかと感じてしまう。

マスコミは国民に情報を伝えることが目的だ。

しかし、タレントでもない人間に対しての情報伝達、間違っている部分が多いのではないかと感じる。

まるで昼ドラのようになっていた部分もある。

また、無知な質問、例えば「STAP細胞はあるんですか?ないんですか?」といったもの。

STAP細胞の可能性を追求しているのであって、あると信じて研究を進めるのであって、無いなんて言う訳がないのである。

これはSTAP細胞に限った話ではなく、日本、いや世界中の研究の世界で同様だ。

世界中の研究者に同じ質問をしてみればいい。

全ての研究者が「馬鹿にしてるのか?」という反応を見せることだろう。

 

狭い国土の日本。

日本の長所の一つは研究開発部分。

生産部分(工場)はアジアに負けつつあるが、その基になるアイデアなどは日本人の脳は世界に長けているのだ。

それに合わせてマスコミも成長しなければ日本全体の成長は無い。

世界に出ていったイチローや中田英寿がマスコミを相手にしなかったことをイメージすればわかりやすいだろう。

 

これはマスコミだけでなく、国民一人一人にも言える話。

国民全体が成長しなければこの国の成長は無い。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link