アベノミクスや黒田バズーカーは国内よりも海外への投資施策?

2018年10月5,8,9日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

2014年7-9月期の景気が良くないことが予想され、政府は消費税の増税タイミングに頭を悩ましているようだ。

総選挙の話まで出ているが、このタイミングで総選挙をするのは、それこそ税金の無駄使いに感じるのだが・・・

 

天候不順が想定外だった2014年夏

2014年4月に消費税増税をしたから4-6月期は消費が落ち込む、そしてその反動で7-9月期は持ち直すというのが、安倍政権のストーリーだったはずだ。

ところが今年の夏は天候が良くなかった。

ここ数年、毎年「猛暑」がキーワードのように使われてきたが、残念ながら今年は台風もやってきてそれほど暑くはなかった。

それほど給与水準が上がっているわけでもないので、極端に景気が良くなるとは政府も思っていなかったはずだ。

しかし、天候不順は想定外だっただろう。

それがこのタイミングでの増税判断の難しさとなっている。

でも、消費税はいつか上がる。

5%の時に消費税を上げる上げると言って、かなりの時間がかかったが消費税は上がった。

いつ上がるかが焦点になっているだけで、上がることは間違いない。

 

日本のお金を海外に流す政策?

そんな安倍政権が行っているアベノミクス。

消費税以外の部分でみれば金をばら撒いている傾向だ。

そのお金がどこに行っているかと言えば、海外だろう。

企業が設備投資をするにしても、日本ではなく海外のが多い。

企業の後押しをすると言えど、企業は国内よりも海外に目が向いている。

結果として、その企業(国内)の業績が上がれば株価は上がる。

しかし、日本円は海外に流れるので円安方向にいく。

これが現在の日経株価の上昇と円安だ。

そして消費税を増税したがっている。

海外に流す資金を増やしたいからか?と感じてしまうが、おそらくこの流れは数年続くだろう。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください