オフショア積立プランで最も重要なことは運用成績ではない!!

2018年12月30日~2019年1月6日in愛知!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

日本国内では消費税増税可否を巡って解散総選挙の話が出ている。

期待されていた!?アベノミクスの行方はどうなるのだろうか?

オフショア年金積立プランを行っている多くの人が、日本経済に危機感を抱き契約をしたと思うが、その危機感が徐々に現実化するかもしれない。

オフショア年金積立プランで運用成績以上に大事なこと

現在、そして将来的に考えても日本の銀行にお金を預けも資産価値が増える時代ではない。

リターンは小さいが、少子高齢化が進む、紙幣は刷りまくるとリスクだけは多い(≒高い)。

このような状況で日本国内に余裕資金を置いておくべきではない。

もちろん日本に住んでいるので生活費は必要であるが、余裕資金は海外に置いておいた方が良い。

 

どうやって余裕資金を海外に置くかの方法論が問題となる。

飛行機に乗って海外に行き、銀行口座を開設してお金を預ける。

これも一つの方法ではあるが、海外へ100万円以上持っていくには税関での申告義務がある。
(実際に何人の人が申告しているのかは不明だが。。。)

税関を無視して大量の札束を持っていく、もしくは100万円を手に何度も海外渡航を繰り返す。

もちろんどちらもおススメではない。

 

オフショア年金積立プランはクレジットカードを利用して毎月積立ができる。

日本に居ながら、リスクの高い場所(日本)からリスクの低い場所(オフショア地域)にお金を逃避させることができるのだ。

お金を逃避させることが1番の基本であり、運用成績以上に重要なこと。

日本国内から郵送で契約できる商品もあるので、海外へ行かずとも余裕資金を安全なところに持っていくことができる。

もちろん運用成績も気になるだろうが、長い目で見れば、リスクの高いところで運用するよりもリスクの低いところで運用した方が運用利益は出やすいだろう。

そして日本の場合は、海外との経済格差が為替差益として現れる可能性も高い。

 

消費税の増税に関心を示すのもいいが、同時に資産の保全について真面目に考えなければならない状況だ。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★ https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!をポチっとしてもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください