ブラック企業の見分け方は投資・資産運用の見分け方にも通じる

2018/9/8(土)-10(月)福岡にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!
2018年10月5,8,9日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

yahooのトップコンテンツにたまたま取り上げられていた【ブラック企業の見分け方 「夢・感動は、たいていウソ」常見陽平さん】

これは就職・転職だけでなく、多くのものに通ずるものがあると思う。

 夢や感動を語るのは中身のない証拠?

私自信は元来左脳派で論理的思考の持ち主なので、夢や感動を熱く語られても全く心に刺さらない。

しかし、周りを見ていると夢や感動で釣られている人は多そうだ。

 

明確な目標があり、それに対してのプロセスを考えることは重要と思う。

しかし、総じて夢や感動で惹きつける人にはそのプロセスが薄い。

とりあえず人を集めておけ的な発想が強いと感じる。

MLMがその典型と思うが、資産運用や投資の世界でも良くある話だ。

 

年間数10%増えるとか、月に3%増えるとかはもちろん夢のお話。

夢を通り越してお伽噺の世界だと思う。

しかし、ブラック企業のリクルーター、MLMの勧誘を含めて、何しろトークが上手い。

そこらへんは「感動」に通ずるところがあるのかもしれない。

 

「ブラック企業」かどうかを見分ける1番のポイントは離職率の高さだと思う。

離職率が高いのには訳があり、離職率が低いのにも訳がある。

要は何でもそうだが、継続できるかどうかが1番のポイントだ。

月利3%とか年利30%とか謳っている投資商品は長期的には続かない。

せいぜい2年持てばいいものばかりだ。
(2年持つのか?2年で逃げるのか?)

 

こうした勧誘をする人たちは、もちろん自社・個人の利益を考えての勧誘だと思うが、自社の商品・サービスをどう思っているのだろう?

把握して進めているのか?把握をしていないまま勧めているのか?

前者とすればたちが悪いが、後者だとしたら、その人自身も騙されている訳なので残念としか言いようがない。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください