RL360°(ロイヤルロンドン360°)のアロケーション比率変更

2015/01/22

日本人が契約できる数少ないオフショア積立投資商品の一つ、RL360°(ロイヤルロンドン360°)のQuantum(クアンタム)でアロケーション比率が変更されたそうだ。

 

投資する際に金利が付くようなもの!?

2015年1月1日以降に新規契約した方に対して、積立額に応じて以下のアロケーションが積立期間中、付与される。

積立額:USD850~1499 で+1%
積立額:USD1500~で+2%

毎月USD1000積み立てている人は、1020USDとなって積み立てられる。

ボーナスの一種である。

 

企業が行う財形貯蓄で、会社が積立額に対して+数%付与してくれるケースがあるが、イメージとしてはその形に近い。

最近の財形貯蓄の傾向をあまり知らないが、今では何%プラスしてくれるのだろうか?

もちろん企業によって数字は異なるだろうが、私はその昔、+5%で財形貯蓄を行っていた経験があるが、積立総額で250万円までしか適用されなかった。

それでも、今の日本の金融商品と比較すれば、とても優れていた。

5%以上プラスで付与してくれる財形貯蓄を行っているのであれば、加入しても良いと思う。

逆に、「天引きだから知らず知らずにお金が溜まるから」という理由だけでやるのは、如何なものかと思う。

 

長期国債が0.2%を切り、銀行の金利は超低空飛行が続いている。

日本の金融商品全体を見渡しても1%以上の利回りが出る商品は少ないだろう。

日本の場合はどうしても国債に縛られてしまうので仕方ない。

 

RL360°のQuantumでは、積み立てたお金はファンドとして運用されるが、単純に考えれば、最終的な結果は+1%、もしくは+2%となるはずだ。

日本だけでなく、海外の経済状況や金融商品について勉強するのはとても面白い。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link