個人預金口座もマイナンバー制度導入で国・政府の管理下に!!

2018/2/16(金)-19(月)東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!
2018/3/16(金)-19(月)バンコクにてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!

ここ数日、マイナンバー制度導入を巡る報道が活気づいてきた。

マイナンバー制度は「社会保障と税の共通番号」で、社会保障と税金の平等化を謳ったものだが、それ以上の目的があるように思えてならない。

 

社会保障と税の共通番号!?

これまでは、基本的に各省庁でデータは連動しておらず、例えば国税局と厚生労働省のデータは連動されていない。

しかし、連動されていないだけで何かあれば調査することはできる。

その調査には人とお金が掛かるので、大きな案件でなければ動くことはなかった。

しかし、来年からはマイナンバー制度として瞬時にデータを連動させることができるのだろう。

そこに、民間のデータである預金口座への適用も決まったようだ。

銀行サイドも個人情報の観点などからクレームを入れなかったのだろうか?
(国に背くような行動はしないと思うが。。。)

前回も書いたが、これにより日本国民が日本に持つデータはおおよそ把握されてしまう。

預金は銀行から、固定資産は税務署からのデータで一致させることができる。

ばれないのはタンス預金くらいだろう。

マイナンバー制度によって、預金が減ってタンス預金が増えないだろうか?

預金をアテにしている国債への影響が出るかもしれない。

 

「社会保障と税の共通番号」として、その目的を社会保障と納税の平等化と言っているが、真の目的は別にあるはずだ。

国民が持つ資産を把握・管理し、新しい施策を考える。

ターゲットを定めて政策を練りやすくしたいのだと思う。

 

日本は競争を好まずに実は社会主義国だと揶揄する声は大きい。

マイナンバー制度が施行され、全国民の資産が政府に管理されれば、真の社会主義国へ突き進むような気がしてならない。

 

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です