オフショア投資の窓口”IFA”を知らないという事実が有り得る!?

2017年5月1日(月)~5日(金)in愛知。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

先日、オフショア投資を行っているという方とお話させていただく機会があった。

積立投資を行っているようで話が盛り上がったが、IFAの話をした途端、「何ですかそれ?」と言った表情をされた。

IFAを知らない?どこと契約したの?

オフショア積立投資はIndependent Financial Adviser、略してIFAを介して購入する。

IFAは代理店であり、オフショア投資商品の販売窓口となる。

そして、Adviserという言葉がある通り、アドバイスも送ってくれる立場である。

金融商品を提供している会社が販売も行っている訳ではなく、製販分離のシステムとなっている。

商品の販売から事後サポートまでを担っているのがIFA。

それ故にIFAの選択は重要であるが、そのIFAを知らないとは・・・とても残念である。

 

私が会話したIFAを把握していない方のケース、どうも日本の会社?がIFAと顧客の間に入っているシステムらしいが、金融庁に登記されていない商品の販売に関与することは、金融商品取引法に反する。

投資顧問会社としっかり契約をしてアドバイスを受けるケースもあるだろうが、そのケースでも投資顧問会社が販売に関与はできない。

投資顧問会社ができるのはあくまでアドバイスなので、契約は顧客とIFAで直接行われる。

 

こうした会社からオフショア金融商品を購入したところで、この方自体には何の罰則もないが、リーガルマインドを持っていない会社が間に入っているのはどうかと思う。

オフショア金融商品を契約して、何も問題なければIFAにお世話になることはない。

しかし、何かの問題が起こった時にお世話になるのがIFA。

「何かの問題」が、「間に入っている日本の会社」で起こった際には、どこに助けを求めるのだろうか?

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です