マイナンバー制度、受け取り拒否すれば制度から逃げられる?

2018/2/16(金)-19(月)東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!
2018/3/16(金)-19(月)バンコクにてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!

2015年10月に番号が交付されるマイナンバー制度、受け取り拒否すれば制度から逃げられるとSNSを中心に情報が広がっているが、本当だろうか?

 

政府は情報を管理している!

マイナンバーは、日本に住む全員に一つずつ割り振られる生涯変わらない12ケタの「個人番号」である。

おそらく、先ずは住民票の所在地に2015年10月にマイナンバー通知カードが郵送される。

この通知カードが発行された時点で、政府の管理対象に入っているので、受け取り拒否をしたところで、実際の所在地がどこかの追跡が始まるだろう。

受け取り拒否をしたところで、政府の管理下に入ってしまうのだ。

メリット・デメリットはさておき、2016年1月以降はこの番号によって行政処理がされる。

マイナンバーは情報を一元管理するのではなく、各省庁で分散管理して、それを暗号で繋ぐシステムなので、各省庁に自分のデータがあれば、その時点で逃げられないと言えるだろう。

 

 

2015年10月に郵送されるには「通知カード」。

2016年1月からは、希望者には顔写真付きの「個人カード」に切り替えられる。

「個人カード」は全員が対象ではなく、希望者のみ。

行政での待ち時間などを短縮したい人は「個人カード」を持てばいいと思うが、わざわざ切り替える人がどれくらいいるのだろうか?

そもそも、その切り替えが無駄な時間だ。

 

よくよく考えれば、住基ネット(住民基本台帳ネットワークシステム)もカードは希望者のみへの配布であったが、その交付率は5%程度らしい。

こんなカードに興味がある人・メリットを感じる人は少ないのだろう。

カードを持てば、番号漏えいのリスクが増えるだけだ。

更によくよく考えれば、この住基ネットを上手く運用させていれば、マイナンバーは不要だったのではないだろうか?

住基ネットをマイナンバーにしたからといって、上手くいくのだろうか?

国民が期待する部分は少ないが、マイナンバーにかかる初期費用コストは2900億円で、年間維持費は300億円らしい。。。

 

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です