口座開設が年々厳しくなるHSBC香港(hk)はお宝口座になるはずだ

2015/06/26

2019/12/17(火)~19(木)韓国・ソウルにてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら!⇒ 相談希望者はいらっしゃいますか?
2019/12/29(日)~2020/1/5(日)愛知にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら!⇒ 相談希望者はいらっしゃいますか?

HSBC香港の口座開設、年々開設が難しくなっているが、それだけ価値が高まっていくはずだ。

 

HSBChk(HSBC香港)、口座開設が不可能ではない

HSBC香港の口座開設が活況だったのは5年ほど前だった気がする。

当時はまだ郵送でも口座開設をすることが出来た。

現地でもパスポートと日本の免許証のコピーだけで開設ができたが、英文の住所証明書(国際免許証や銀行の残高証明)が必要となり、今では英語が話せない人の口座はお断りされると聞く。

また、入金額も数百万円を超えるとお金の出処を証明しなければならないケースがあるようだ。

こられは対日本人の締め出しではなく、マネーロンダリング対策の意味合いが強い。

英語は、マネロンだけでなく、何か問題があった時に会話する必要があるので、必須項目であるのだろう。

結果的に多くの日本人の口座開設が難しくなったが、日本人を対象に規制している訳ではない。

今でも条件を満たせば、日本人でも問題なくHSBC香港の口座を開設することができる。

 

一方、金融庁が「預金口座開設の勧誘に関する注意喚起について」という案内を出した。

金融庁:預金口座開設の勧誘に関する注意喚起について

業者を取り締まっている訳であり、HSBC香港など海外で銀行口座開設をすること自体は違法ではない。

口座開設の要件を把握して、自ら足を運んで口座開設を行えば良いだけの話である。

日本の銀行口座に資産を預けるのがいいのか?

それとも海外の銀行口座に資産を預けるのがいいのか?

この解を考えれば、自ずと行動する方法は決まってくるだろう。

 

世界的にマネーロンダリング対策で銀行口座の開設は難しくなっている。

そして日本人であることが更に事を難しくさせている部分がある。

しかし、こうした状況はHSBC香港の口座価値を高めてくれていると感じるのは私だけだろうか?

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link