オフショア投資で詐欺商品かどうかを判別する方法とは?

2015/07/24

本ブログには、「オフショア金融投資商品×詐欺」で検索してたどり着く人も多い。

今日も明日も明後日も、変わらずにこの検索をする人はいるのだろう。

オフショア投資は日本人にとって有益なものなので、詐欺商品に引っかからないようにする方法を伝授したい。

SFCに認可された香港IFAなら詐欺商品を扱えない!

実際にオフショア投資での詐欺はある。

詐欺の時点で投資ではないので、オフショア投資とは言えないことからすれば、オフショアを利用した詐欺と言った方が正解だ。

それだけオフショアという言葉が神的に扱われており、裏側で詐欺軍団に活用されてしまうのだろう。

もちろん、日本人に広く知られている商品のほとんどは詐欺商品ではない。

 

気になる金融商品が見つかったら、その商品の登録地を調べてみれば良い。

以下の商品は日本人でも購入可能だが、各々の登録地で認可を受けているので詐欺商品ではない。

【マン島籍】
・RL360°(ロイヤルロンドン360°)

【ケイマン島籍】
・Investors Trust(インベスターズトラスト)

【香港籍】
・Ageas(アジアス)
・Metis Global(メティスグローバル)
・Standard Life(スタンダードライフ)
・Sun Life Hong Kong(サンライフ)

【ルクセンブルグ籍】
・Cornhill(コーンヒル)

しかし、自分が知った商品がどこで登録されているのか、それをどのように調べるのかは実は容易なことではない。

そうした場合は、販売代理店であるIFAの認可を調べれば良い。

オフショア金融商品は基本的にIFAを通して購入することになる。

そのIFAが認可されていれば、詐欺商品は扱えない(扱った時点で認可を外される)。

 

例えば香港IFAであれば、SFC(日本の金融庁に相当)に認可されていれば詐欺商品を扱うことは無い。

SFCに認可されているかどうかは、以下のサイトで確認できる。

Public Register of Licensed Persons and Registered Institutions

 

まとめると、自分が気になったオフショア金融商品があったら、その商品を扱っているIFAの登録状況を調べる。

そしてそのIFAで直接契約をすれば詐欺商品に引っかかることはない。

もしくは、SFCに登録されているIFAを先に見つけて、そのIFAに自分に合った商品を案内してもらえばいいのである。

 

ご質問等はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link