PTは永遠の旅行者?より優れた納税者?かわいい金には旅をさせよ!

2018/2/16(金)-19(月)東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!
2018/3/16(金)-19(月)バンコクにてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!

オフショア投資に興味を持って勉強していくと「PT」という言葉を知るようになる。

「PT」とはどういう意味だろうか?

 

PTになるのは簡単ではない!

PTはPerpetual Traveler(パーペチュアル・トラベラー)の略で使われることが多い。

「永遠の旅行者」という意味だ。

これ以外にも同義語の頭文字として使われることもある。

◆Permanent Tourist(パーマネント・ツアーリスト):永遠の旅行者
◆Permanent Traveler(パーマネント・トラベラー):永遠の旅行者
◆Prior Taxpayer(プライオラー・タックスペイヤー):より優れた納税者

「永遠の旅行者」と「より優れた納税者」がなぜ同義語になるのか?

永遠の旅行者は、世界各地を旅して、どの国の居住者ともならず、非課税で生きていく人々のことを指すからだ。

なので、「永遠の旅行者」=「より優れた納税者」となる。

 

元サッカー日本代表の中田英寿氏はPTではないかと言われている。

現役中から先ずは日本を離れ、現役引退後には世界中を旅している。

世界の見聞を広めるための旅でると思うが、裏にはPTとしての活動があるのだろう。

今では株式会社東ハトの執行役員も務めているが、この役員報酬はどこに収められているのだろうか?

オフショア籍のどこかの銀行に預けられているかもしれない。

 

日本人がPTになるのは簡単ではない。

ただ単に、海外を転々と旅すればいいと言うものではなく、豊富な資産か収入源が必要だ。

HSBC香港の銀行口座があれば、世界のほとんどの国でお金を引き出せるかが、その源が無ければならない。

世界のどこにいても収入があって、世界のどこにいても生きていけるならPTになれるだろう。

今すぐには無理だとしても、将来的にPTになりたいと望んでいるならば、先ずは資産は海外に置いていた方がいい。

PTにとって、日本にお金を置いていても使い勝手が悪いからだ。

自分の身は後からだとしても、自分の資産は先に旅に出させておいた方がいいだろう。

 

 

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です