平成24年度財務書類公表、負債が資産を上回り債務超過継続、最悪

2017年6月in那覇&札幌。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

確定申告の季節が近づいてた。

憂鬱です。

日本国も2012年の「財務諸表」を公開した。

 

2013年ではなく、2012年なのでお間違いなく。

さっさと仕事せい、と思われるかもしれないが、国民が確定申告しないとその上の国は数字が出せない。

従って、1年遅れになるのは仕方ない。

 

簡単に結果を言えば、

債務残高は過去最悪の477兆円。

 

負債が資産を477兆円も上待っている。

資産が640.2兆円に対して、負債が1117.2兆円である。

 

普通の家庭や企業であれば、「火の車」であろう。

 

シンプルに家庭で考えれば、640万円の貯金額の人が1,117万円の借金を負っているようなものである。

こうした人に銀行はお金を貸さないであろう。

こうした友達に「お金を貸して」と言われても貸さないでしょう。

 

国は「日本国債」と言う伝家の宝刀を持っている。

 

金が無ければ借りればいい。

貸してくれるヤツがいなければ、押しつければいい。

銀行さんや生保さんが何故だがお金を貸してくれる。
(日本国債を購入してくれる。)

金融業界はお上には逆らえないのであろう。

 

銀行さんや生保さんはどうしても日本国債を購入できるのだろうか?

 

日本国債よりも低い利回りでお金を集められるスキームがあればいい。

預金の利子を下げればいいんだ!!

生保の利回りを下げればいいんだ!!

 

日本国民が銀行や生保を支え、日本国を支えている事になる。

 

資産の2倍近い人にお金を貸すとこに何%の利子を付けるだろうか?

返金される可能性が高くはないのだから、それなりの利子が必要だ。

しかし、日本国債の利回りは1% 程度である。

日本国の考え付いたスキームは素晴らしい。

そのスキームが成り立っているのは、純朴な金融知識の低い日本人がいるからだ。

日本国は今後も日本人に金融教育をすることはしないだろう。

日本人が金融知識を付けると、このスキームが成り立たなくなるのだから。。。

 

アベノミクス元年は2013年。

来年公開される2013年の財務諸表はどのような数字になっているだろうか?

今から楽しみである。

関連記事:
    None Found

Sponsored Link