オフショア金融は積立投資商品の情報ばかりあるのは何故?

2017/8/17(木)-20(日)東京・横浜にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年8月17日(木)~20日(日)in東京・横浜。相談希望者はどうぞ!

20世紀末のビックバンで日本人が海外の金融商品を購入することは問題ではなくなった。

その後、オフショアという言葉も徐々に浸透し、海外の金融商品を購入する人もとても多くなったと思う。

そして、そのほとんどが積立投資商品ではないだろうか?

 

オフショア金融商品の中で積立商品が一番日本人に合っている!

日本人が行っている海外投資の中で、一番メジャーなのは積立投資商品であろう。

今では日本居住の日本人が加入できなくなったFriends Provident(フレンズプロビデント)を筆頭に、今でも契約可能なRL360°(旧ロイヤルロンドン360°)やInvestors Trust(インベスターズトラスト)など、積立投資商品の契約を行っている人が多いはずだ。

これは販売者側の意向もあると思うが、購入者、特に日本人にとってはとても有効的な商品だからこそ、実践している人の割合が多いのだと思う。

日本にお金を置いておきたくない、日本の将来が心配だ、日本円に期待できない、日本の金融商品に面白みがない・・・と言った人達が海外に目を向ける。

しかし、海外で投資を行おうにも、海外にお金を出すことは簡単ではない。

その昔はハンドキャリー(手持ち)で海外に日本円を持っていき、海外の銀行に預ける事も出来たが、最近ではマネーロンダリング対策で海外の銀行も簡単に入金することができなくなった。

海外送金も手数料が高く、税務署にデータが行くので、悪いことをしている訳でもないが常に監視下に置かれるので何だか気持ちが悪い。

日本人が海外にお金を持っていくハードルは年々上がっているのが現状だ。

日本ではなく海外で運用したい、海外にお金を置いておきたいという人にとって、クレジットカードで運用できる積立投資商品の活用価値はとても高い。

 

 

多くの人が利回りにばかり目を向けがちだが、それ以外のベネフィット(価値)が積立投資にはある。

それ故に実践している人が多く、ブログなどで情報を書いていき、情報が拡散しているのだと思う。

実践者が多ければ情報量が増え、実践者が少ないものの情報量が増えない(少ない)のは必然の結果である。

またオフショア投資=積立投資ではなく、もちろん一括商品もあり、生命保険や不動産などの金融商品も存在している。

 

 

関連記事:

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です