海外生命保険の情報が少ないのはなぜ?⇒法律で規制されている!

海外生命保険の情報を知っている人は多くないだろう。

それは何故なら、日本国内では情報が少ないため。

情報が少ないのは、保険業法で規制がされているからだ。

海外の保険が普及したら、日本の保険会社を守るため?

海外の保険が規制されているのは、保険業法186条が関係している。

保険業法186条については以下の通りの条文になっている。

ーーーーー

第186条(日本に支店等を設けない外国保険業者等)
日本に支店等を設けない外国保険業者は、日本に住所若しくは居所を有する人若しくは日本に所在する財産又は日本国籍を有する船舶若しくは航空機に係る保険契約(政令で定める保険契約を除く。次項において同じ。)を締結してはならない。ただし、同項の許可に係る保険契約については、この限りでない。
2.
日本に支店等を設けない外国保険業者に対して日本に住所若しくは居所を有する人若しくは日本に所在する財産又は日本国籍を有する船舶若しくは航空機に係る保険契約の申込みをしようとする者は、当該申込みを行う時までに、内閣府令で定めるところにより、内閣総理大臣の許可を受けなければならない。
3.
内閣総理大臣は、次の各号のいずれかに該当すると認められる場合には、前項の許可をしてはならない。

当該保険契約の内容が法令に違反し、又は不公正であること。

当該保険契約の締結に代えて、保険会社又は外国保険会社等との間において当該契約と同等又は有利な条件で保険契約を締結することが容易であること。

当該保険契約の条件が、保険会社又は外国保険会社等との間において当該契約と同種の保険契約を締結する場合に通常付されるべき条件に比して著しく権衡を失するものであること。

当該保険契約を締結することにより、被保険者その他の関係者の利益が不当に侵害されるおそれがあること。

当該保険契約を締結することにより、日本における保険業の健全な発展に悪影響を及ぼし、又は公益を害するおそれがあること。

ーーーーー

簡単に言えば、国内保険よりも良い条件で契約されると日本国内の保険業に影響が及ぶから止めてくれと言うことだろう。

実際に海外の生命保険のシミュレーションをしてもらった結果は、以下リンクから確認してもらいたい。

日本の生命保険は利回りが悪い?海外オフショア生命保険と比較してみた
海外生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児加入のシミュレーション結果

国内の生命保険と比較して、どちらが有益な商品だろうか?

私には海外のが有益な商品だと感じる。

このような生命保険が日本国内で出回ったら、確かに日本の生命保険会社は打撃を受けるはずだ。

TPPで海外の生命保険はどのように扱われるのだろうか?

早かれ遅かれ、国内の生命保険会社は経営危機に陥る会社が増えるはずだ。

何にしろ、国民のことを思った法律ではなく会社や国のことだけを考えられた法律である。

国・政府も、日本国債を国内の生命保険会社に購入させている手前、国内の生命保険会社を守らなければならない。

 

海外の生命保険に加入していけない訳でない。

内閣総理大臣の許可が出れば契約は出来る。

また、この保険業法186条の罰則は第337条にて、「50万円以下の過料」と定められている。

仮に契約が見つかったとしても、50万円の罰金だけでいいなら契約しようと考える人がいるとかいないとか。

何が自分を守ってくれるのか?

日本という国ではなく、海外の生命保険と考えている人がいるということだろう。

 

ご質問等はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link