オフショア積立投資、初期口座期間でも譲渡は可能!IFAに相談しよう。

2017年5月1日(月)~5日(金)in愛知。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

RL360°(ロイヤルロンドン360°)やAgeas(アジアス)、Standard Life(スタンダードライフ)のようなオフショア積立投資には2年間の初期口座期間が設定されている。

Investors Trust(インベスターズトラスト)のEvolutionにも同じように初期口座が設定されている。

この初期口座期間は、一部引き出しなどが出来ず自由度が低いが、譲渡は可能である。

オフショア投資商品の譲渡はIFAを通して行おう!

オフショア積立投資の初期口座は、積立期間トータルでの手数料分に匹敵する部分である。

その為、自由度が低い。

しかし、初期口座期間を終えて積立投資期間へと移行すれば、一部引き出しなどの自由度が生まれる。

これがオフショア積立投資の特徴の一つである。

オフショア積立投資は長期的に積み立てを継続するものだが、途中で金銭的に苦しくなるケースもあるだろう。

そうした時には、一時引き出し、一時休止、そして解約の順で考えていけばよい。

そして、解約を考える場合には譲渡の選択も出来る事を頭に入れておこう。

オフショア積立投資は他人に譲渡することが可能である。

証券名義を他人へと移して、契約を継続することができるのだ。

解約手数料+αの、譲渡金を受け取れることが多い。

そして、譲渡は初期口座期間でも行うことができる。

譲渡するには相手を探さなければならないが、自分で探すのが鉄則。

しかし、なかなか譲渡相手を探すことは難しい。

その場合には、IFAに頼んでみるという選択もある。

譲渡案件を受け入れてくれるかどうかは条件次第だが、対応してくれるIFAもある。

譲渡と言えど、大事な証券を見ず知らずの誰かに関与させてはならない。

 

とはいえ、先ずは最後まで継続することが重要。

なぜオフショア積立投資を始めたのかという考えを思い出し、積立を完遂していこう。

 

ご質問等はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です