天皇の生前退位から考える一般人の遺産相続!次世代に継承する為の「就活」を!

2018/4/27(金)香港にいます! 
詳細はこちら ⇒ 香港IFA訪問やHSBC口座開設に興味がある人は是非!
2018/5/31(木)-6/5(火)沖縄にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

天皇陛下が生前退位の気持ちを述べられた。

高齢からくる「象徴への務め」が困難になっているのが一番の要因とのこと。

天皇でなくとも次の世代にどのように繋いでいくかを考えるべき!

80歳を過ぎた天皇陛下。

普通の仕事や業務を行っている人であれば、定年を迎えていたり、事業継承していたりと、引退して余生を過ごしている年だ。

あまりご無理をされずに、ゆっくりとした余生を過ごしてもらいたいと個人的にも思う。

天皇は国の為を思い、早い時期に、生前に次の世代である皇太子に引き継ぎたいと言う意向がある。

現行憲法では生前退位は認められていないが、法律は別にして、生きているからこそ元気だからこそ次世代に伝えられること、告げられることがあるのだと思う。

この視点は、天皇でなくても考えなくてはいけないことだと思う。

会社を経営していたり、個人事業を営んでいる人は、事業継承を考えていることだろう。

しかし、そうした人だけでなく、多くの人が考えないといけない問題がある。

それは遺産相続だ。

日本人にとってはタブーとなっているこの問題、しかし何もせずに亡くなると、残された遺族が大変だ。

一体どれだけの遺産があったのか?

誰にどのように相続するのか?

無駄に税金を払わなければならないのではないか?

次世代のこと、子供や孫の事を考えれば、一般の人も生前に方針を固めておいた方が良い。

こうした問題、なかなか子から親へとは話し辛い。

 

いわゆる「終活」である。

終活という言葉も一般化してきた感じがするが、それでも実際に行動している人は少ないと感じる。

かわいい子供や孫の事を思うのならば、しっかりと遺産相続の方針を固めておいてもらいたい。

それでも、日本で真面目に遺産相続すると多額の税金が発生する。

一歩踏み込んだ対策をすれば、遺された人たちも喜ぶことだろう。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です