ホールライフ(Whole Life)とユニバーサルライフ(Universal Life)の違いを比較!資産運用か遺産相続か?

2017/8/17(木)-20(日)東京・横浜にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年8月17日(木)~20日(日)in東京・横浜。相談希望者はどうぞ!

海外生命保険を調べていると、ホールライフ(Whole Life)とユニバーサルライフ(Universal Life)という2種類に大きく層別されることが分かる。

この2つの違いとは?

貯蓄を視野に入れたホールライフと死亡保障での相続をメインにしたユニバーサルライフ!

ホールライフは、ほぼパッケージ化された商品として販売されていることが多い。

死亡保障額に対して、年齢・健康状態などから支払い総額が決まる。

そして、死亡保障と共に資産運用としての期待もできるのがホールライフの特徴だ。

支払期間が数年経過すれば、解約返戻金は支払総額を超えてくる。

運用部分は4%程度の利回りが期待できる商品である。

 

一方のユニバーサルライフは、ホールライフでの運用部分に重きを置かないこと、そして支払金額をある程度自由に設定できる点に特徴がある。

死亡保障に対して安価な支払い総額を設定できる。

例えば、1億円の死亡保障に対して、1,500万円くらいの支払いで済むケースもある。

ただし、支払額を安くしたケースでは死亡保障の支払いが早く打ち切られる。

終身ではなくなるのだ。

支払額を多く設定すればするほど、90歳、100歳、120歳・・・と、それだけ長く死亡保障を受け取れるようになる。

スタート時に支払額を安価に設定しておいて、途中で保険料を追加し、死亡保障の期限を引き延ばすことも可能だ。

 

まとめると、生命保険として死亡保障と共に運用も期待したいのであればホールライフ、多額の相続がある方が、その対策商品として考えられるのがユニバーサルライフとなる。

興味がある方は、ホールライフ、ユニバーサルライフの取り扱いがあるIFA(Independent Financial Adviser)でシミュレーションをしてもらうと良いだろう。

 

ご質問等はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です