パシフィックライフ(Pacific Life)が提供するユニバーサルライフ生命保険とは?

2017/7/13(木)-19(水)香港に行きますよー!
⇒ 詳細はこちら

米国にパシフィックライフ(Pacific Life)という生命保険会社があるのはご存知だろうか?

ユニバーサルライフ生命保険を提供している会社である。

ユニバーサルライフ生命保険とは?

「ユニバーサルライフ」と聞いても、パッとイメージできる人は少ないかもしれない。

死亡保障額に対して、年齢・健康状態などで支払う額が決まっているパッケージ型された生命保険に対して、支払い額に自由度があるタイプの生命保険をユニバーサルライフと呼ばれている。

パシフィックライフ(Pacific Life)が提供しているユニバーサルライフは死亡保障1億円(100万ドル)以上で契約ができる。

この死亡保障額に対して、支払額に自由度があり、1,500万円、2,000万、2,500万円・・・と設定ができる。

では支払額に対して何が異なるかと言えば、死亡保障の契約期間である。

例えば、1,500万円であれば70歳で打ち切り、2,000万円なら90歳で打ち切り、2,500万円なら110歳で打ち切りと言ったイメージとなる。

打ち切り後も契約継続したければ、追加でお金を投入すれば良い。

(契約時年齢や健康状態によって契約期間や支払額は変動するので、数字はあくまでイメージ。)

ユニバーサルライフのメリットとしては、少ない支払額で大きな死亡保障の契約ができることだ。

逆に死亡保証メインの保険なので、運用という考えはない。

ただし、例えば10年支払いにした時、ほとんどのケースで11~12年後には解約返戻金が支払い保険額を上回るので、掛け捨てと言う意味ではない。

運用益ではなく死亡保障がメインの保険になるので、主に相続対策に効果的な保険と言える。

 

パシフィックライフは日本人を受けいれている?

パシフィックライフは1868年設立、売り上げ1兆円を誇る会社である。

1868年と言えば、江戸城が明治政府軍に明け渡された年であり、江戸時代が終わり、明治時代が始まった年である。

文明開化の時代であるが、その時代から保険業を行っている歴史ある会社である。

パシフィックライフと契約するには、以下のような条件が必要となる。

◆2,500万以上の収入証明&2.5億円の純資産証明
◆担当者立ち合いの下、米国内での契約(グアムやハワイでももちろんOK)

しかし、日本人の契約は受け入れていない。

ただし、米国LLCとしての契約は可能なので、日本人であっても米国LLCを設立して、米国LLCで契約するというスキームは可能のようだ。

 

ご質問等はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です