HSBC香港口座開設情報2017年最新版!実績100%の業者にお願いするのも有効な手段!

2018/4/27(金)香港にいます! 
詳細はこちら ⇒ 香港IFA訪問やHSBC口座開設に興味がある人は是非!
2018/5/31(木)-6/5(火)沖縄にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

年々口座開設が困難になっていると言われる言われるHSBC香港。

英会話ができない人は窓口で相手にされないことが多く、2017年からは日本人はマイナンバーの提出(番号記入)が必須となった。

だが、別にこれらの事が口座開設を諦める理由になる訳ではない。

HSBC香港の口座開設は困難になっているのではなく通常状態になっているだけ!

インターネットを見ていると、HSBC香港の口座開設は困難になっているという情報をよく見る。

しかし、それは口座開設状況を常に見ている人たちの視点だ。

確かに、数年前には郵送でも口座開設が出来た時代もあったり、窓口に英語が出来る人を通訳として同席させて、口座開設のサポートをお願いできる時代もあった。

だが、よく考えてみてほしいのだが、どちらかと言えば、郵送や窓口に通訳が同席できる方が異常な状態だったと言えるのだ。

徐々に「当たり前」であり「普通」の状態になっているだけだ。

海外口座なので日本語でOKな訳がなく、行員としても口座開設者とコミュニケーションを取れない時に、口座開設を認める訳がない。

日本の銀行でも訳の分からない言語で口座開設にきたら断られるはずだ。

また、香港居住者は昔から香港IDの提示が必要であった。

日本にはIDという制度がなかったので、これまではパスポートの提示で代用されていたが、マイナンバーが出来たので要供されるのは当然のことだ。

日本の銀行でも、2017年からは口座開設するのにマイナンバーは必要である。

 

 

HSBC香港の口座開設状況を時系列で線で捉えるから困難になったと思うだけで、2017年の今の状況を点で捉えれば普通な状況である。

HSBC香港の口座開設は一生の内に一度行うだけの行動なので、線でなく点で捉えれば良い。

昔は良かったなどど思っても、何のプラスにもならない。

英語が分かる人は、果敢にトライしていけばよい!

英語に自信がない人は有料サポートを受ければよい。

2017年以降はサポート業者も淘汰されているので、残っているのは実力があるところだけになる。

HSBC口座開設100%実績の香港の業者もある。

できない理由を探していても意味がないので、出来る方法を模索していけばよいだけだ。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です