インベスターズトラスト(Investors Trust)の契約はIFA経由で行わないとその後に問題になるその理由とは?

2017/8/17(木)-20(日)東京・横浜にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年8月17日(木)~20日(日)in東京・横浜。相談希望者はどうぞ!

海外オフショア投資は、IFA(Independent Financial Adviser)と契約する事が基本である。

日本人・日本の会社が間に入って契約してしまった人もいるようだが、後々問題になることがあるので、要注意!

インベスターズトラストはIFAと直接契約して、しっかりとサポートを受けて積立を継続していこう!

インベスターズトラスト(Investors Trust)はIFA経由でないと解約ができない⁉

インベスターズトラストに限らず、海外オフショア投資は以下の流れでの契約が基本となる。

プロバイダー – IFA – クライアント

プロバイダーとは、インベスターズトラストなどの商品の提供会社。

オフショア投資は製販分離がされていて、販売やサポートはIFAが請け負うことになっている。

しかし、このIFAとクライアントの間に、日本の会社や人を介する場合があるようだが、そんな必要はない。

プラスにならないどころか、マイナスになるケースがあるのだ。

間に会社や人が挟まれば、正規の代理店であるIFAから情報が早く正確にやってこなかったりしてしまう。

また、インベスターズトラストは解約時には契約に関わった人のサインが求められる。

これがIFAであればスムーズに解約できるが、間に入った会社や人がサインしていたら、スムーズに解約できない可能性が出てくるのだ。

というのも、こうした会社や人がいつまでサポートしてくれるかも分からず、「紹介者と連絡が取れない」と困った相談を私にしてくる人も少なくない。

 

そもそも、サポート力があるIFAと直接契約していれば、商品理解も深まり、何ら問題は生じる事も無く、途中契約など考えないはずだ。

しかし、間に入った会社や人は、どうしてもIFAよりも商品理解力・説明力は劣る。

そうしたケースでは商品をしっかりと理解しないまま契約するケースもあり、積立途中で疑問が生じてしまい、解約を考えてしまう。

インベスターズトラストに限らず、オフショア投資商品はIFAと直接契約すれば商品理解が深まり、無事に満期を迎えられことが出来るのだ。

故に、海外オフショア投資は商品以上にIFAの選択が重要と言われている。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です