FPや投資顧問会社にRL360°やインベスターズトラストを勧められた!契約するには直接IFAとすべき理由とは?

2017/10/20(金)21(土)大阪にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年10月20日(木)21日(土)in大阪。相談希望者はどうぞ!
2017/11/2(木)-4(土)沖縄・那覇にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年11月2日(木)~11月4日(土)in沖縄・那覇。相談希望者はどうぞ!

海外オフショア投資、数年前と比較すると情報はとても多く溢れている。

それでも最初にオフショア投資を知るのは友人・知人の紹介やFPや投資顧問会社のセミナーなどを介してというケースが多い。

だが、オフショア投資の契約の基本はIFA(Independent Financial Adviser)との直接契約になる事を頭に入れておこう。

業法上、国内の会社が金融庁に登録されていない商品を営業できない!

20世紀末に行われた金融ビックバンにより、日本人が海外の銀行口座の開設や金融商品を購入する事が可能となった。

しかし、未だに金融庁に登録されていない金融商品の勧誘・営業行為は禁止されている。

つまりは、購入者は自由であるものの、販売側には規制が掛かっている状態なのである。

ではどうすれば良いかと言えば、自分から直接購入していくしかない。

海外オフショア投資商品の購入はIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店を通して行われることになる。

そのIFAがある一番近い国・地域が香港である。

香港では200以上のIFAがあり、その内の20社ほどが日本人を受け入れている。

日本語が話せるスタッフや日本人スタッフがいるのである。

FPや投資顧問は何をしてくれるかといえば、そうしたIFAに繋いでくれるだけである。

日本の法律を理解して活動していればいいのだが、残念ながら法律を理解している人は少ないように感じる。

FPや投資顧問、はたまた友人・知人からRL360°やインベスターズトラスト(Investors Trust)の話を聞いて興味を持ったら、自らそれらの商品を取り扱っているIFAに問い合わせして商品概要の説明を聞き、直接IFAと契約を行う事が安心・安全な方法である。

IFAは事後サポートも行ってくれる会社であるので、サポート力の高いIFAを選定する事が大きなポイントなる。

法律を本当に理解しているFPや投資顧問はどれくらいいるのだろうか?

FPや投資顧問がどこまで事後サポートを行ってくれるのだろうか?

無償で契約の最後まで付き合ってくれる人がいるとは思えない。

 

ご質問等はこちらから。

 

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です