RL360°を初期口座中に解約したら返戻金はない!2年で積立を停止・休止したら運用は進まない!

2017年5月1日(月)~5日(金)in愛知。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

RL360°(旧名:ロイヤルロンドン360°)には契約年数に応じて18~24ヶ月の初期口座が設定されている。

初期口座は手数料が支払われる部分であり、初期口座が終わって以降の累積口座で資産運用の大部分が行われるイメージである。

また、初期口座期間中に解約したら返戻金が戻ってくることはなく、累積口座に積立を行わずに停止していたら資産が増える事もない。

RL360°は累積口座に入ってからが勝負!

RL360°は契約期間に応じて初期口座期間が設定されていて、この初期口座から手数料の大部分を徴収される。

初期口座期間が終わると、累積口座へと移行する仕組みだ。

契約年数(年) 5-18 19 20 21 22 23 24-30
初期口座期間(月) 18 19 20 21 22 23 24

RL360°は初期口座から手数料の大部分を持っていかれるので、累積口座が長く設定されている方が運用部分が大きくなり、相対的に手数料率が低下する。

オフショア積立投資では、投資期間が長い方がより運用益が期待できるというのはその為だ。

たまに、初期口座期間の積み立てが終わったら停止・休止としても運用利回りで資産が増えると間違ったアドバイスをしている人がいるが、大きな勘違いだ。

累積口座に積立を行わなかったら、手数料を支払う為だけに契約をしたことになる。

これでは何の意味もない。

また、RL360°の解約手数料は残存年数によって設定がされているが、初期口座期間中に解約したら解約返戻金は全く戻ってこない。

 

RL360°は累積口座で長期間運用を行うことで資産額が増えていく設計となっている。

RL360°を契約する時に、しっかりと商品概要の説明を受けて理解していれば勘違いしない内容である。

RL360°の契約時や契約後のサポートを行うIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店で説明を受けていれば問題にならない話。

しかし、中にはIFAではなく、良く分からない人や会社に説明を受けたままに契約をして、言われるがままに初期口座期間で積立を停止してしまう人がいるようだ。

RL360°は長期でコツコツ積み立てて、将来資産を蓄えよう!

長期運用商品なので、将来の日本国には期待できない年金プランとして有用なのである。

 

ご質問等はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です