英会話のできない日本人はHSBC香港の口座開設は可能か?それとも厳しい?

2017/7/13(木)-19(水)香港に行きますよー!
⇒ 詳細はこちら

年々口座開設が厳しくなっているHSBC香港。

今もまだ日本人でも口座開設は可能だろうか?

もっと言えば、英語のできない日本人でも可能だろうか?

オフショアである香港のHSBCは日本人を拒否している訳ではない!

香港はオフショアと呼ばれている地域である。

オフショアとは、英語で書けばoff-shoreとなり、直訳すると「沖合」となるが、沖合=海外からもお客さんを受け入れているという意味である。

なぜ海外からもお客さんを受け入れているかと言えば、香港は東京と同じくらいの面積しかなく、農業・漁業・工業などの産業で国を成り立たせるのは難しいので、金融で国を成長させているからだ。

その為には外貨が必要なのでオフショアとしており、税金を低く設定する事で、海外から人・金を惹き付けている。

香港の法人税は16.5%であるが、こうした税率の低い国や地域はタックスヘイブンと呼ばれている。

オフショアと呼ばれる国や地域は、タックスヘイブンとして外貨を獲得しているのだ。

ここまで書けば気付く方も多いと思うが、HSBC香港も日本人の受け入れを拒否している訳ではない。

しかし、ここ数年は一定レベルのお客以外は受け入れなくなっている。

その一例が英会話力である。

だが、問題は英会話力ではなくコミュニケーション能力。

香港なので広東語でも問題ない。

コミュニケーション能力の問題なので、日本人だけを拒んでいるのではなく、韓国人などでも同じことだ。

一昔前は口座開設に通訳の同席が可能であったが、今では拒否されるケースがほとんどのようだ。

とは言え、流暢な英会話力が必要という訳ではなく、必要最低限の英会話力があればいいのだが、口座開設に行くので、口座開設に必要な最低限の英会話力が必要になってくる。

事前に口座開設のトレーニング・シミュレーションをしておけば口座開設は可能である。

ただし、可能と言っても、自力でトライすると失敗することも少なくない。

事前のトレーニング・シミュ―レーション含め、実績ある現地のサポート会社にお願いした方が確実な時代になってきている。

 

ご質問等はこちらから。

 

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です