HSBC香港 口座凍結・休眠状態からの解除手続き方法は?英語ができない日本人でも再開可能?

2017/7/13(木)-19(水)香港に行きますよー!
⇒ 詳細はこちら

年々口座開設が難しくなっているHSBC香港。

見方を変えたら、口座保有者は凍結や解約されないように注意しなくてはならない。

それだけの価値があるお宝口座となっている。

HSBC香港が口座凍結された時の解除方法や手続き方法は状況によりけりで一辺倒にはいかない!

HSBC香港、先ずは口座が凍結されないようにしなくてはならない。

凍結とか休眠とか言い方は色々あるが、1年以上口座内の資金を動かさないと、いざ資金を引き出したいと思った時に何もできなくなってしまう。

状況によっては、インターネットバンキングにログインすらできない状態になってしまうのだ。

こうした状況に陥らないようにするには、1年のインターバルを空けずにログインして資金移動をしておけばよい。

資金移動も口座内でOKなので、ドルペッグ制で為替変動が小さな香港ドルと米ドルを1年以内に交換しておけば良いだけだ。

HSBC香港の口座にログインして、「24-Hour Currency Exchange Service」で為替交換は行える。

 

1年以上HSBC香港の口座にログインせずに資金移動がないこと以外に、インターネットバンキングやATMカードのパスワードを3回以上間違えたり、不正な取引では?とHSBC香港に疑われたりした時など、口座が凍結・休眠状態になってしまう。

その理由により、凍結・休眠状態から復活させる方法は変わってくる。

電話しなくてはならなかったり、香港の窓口に出向く必要があるケースも多い。

ということは、英語が話せない人は四苦八苦して困ってしまうことだろう。

だからこそ、先ずは凍結しないように努力が必要なのである。

(努力と言っても小さな努力。)

英語が話せない人がHSBC香港の凍結解除をしようする時は、現地に精通したサポート会社を利用するしか方法はないかもしれない。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です