HSBC香港の口座が凍結・休眠状態にならない為に香港ドルと米ドルを為替交換する方法を解説するよ。

2017/7/13(木)-19(水)香港に行きますよー!
⇒ 詳細はこちら

HSBC香港の口座を凍結・休眠させない為には1年以内に資金移動をさせる必要がある。

凍結されない為の資金移動は、引き出しや入金、他口座間との入出金だけでなく、口座内の両替でも可能である。

HSBC香港で口座内両替する方法とは?

HSBC香港は、一つの口座内で11種類の通貨を持てる「マルチカレンシー」になっているのが特徴だ。

この特徴を活かし口座内で両替を行えば、資金移動をしているとみなされ、口座が凍結されることはない。

ドルベック制が採用されていて変動幅が制限されている香港ドルと米ドル間で両替すれば、為替リスクを考える必要もない。

その方法もとても簡単だ。

①HSBC香港にログオン。

DUAL-PASSWORDでのログオンでOK。

②上部にあるカテゴリーの「Banking」をクリックし、更に左サイドバーにある「24-Hour Currency Exchange Service」をクリック。

③少し下にスクロールすると両替画面が出てくる。

Step1,2で両替元、両替先を選択する。

香港ドル⇒米ドル にしたければ、Step1をHKD Saving、Step2をUSD Savingにすればよい。

米ドル⇒香港ドルにしたければ、その逆。

Step3で金額を入力。

HKD30ドル相当額から可能である。

そして、右下にあるGoを押すと確認画面へと移動する。

④内容を確認して、問題なければ、Confirmを押せば両替が完了となる。

とても簡単で、5分もあれば完了する。

両替レートは、こちらで確認できる。

簡単すぎるが故に忘れてしまうのかもしれない。

とりあえず今すぐ1度実行してみて、次回は1年以内に行おう。

忘れない為に、スマホのスケジュール帳にアラーム付きで予定を入れておけば良いだろう。

1年以内なので、10ヶ月か11ヶ月後を目途に。

たったこれだけの事で口座凍結を防げると思えば、難しい事でも何でもない。

 

⇒ ご質問はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です