RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°)は違法な詐欺商品?正規代理店であるIFAに直接問い合わせれば問題なし!

オフショア投資商品のプロバイダーであるRL360°。

あまり理解していない人がRL360°の金融商品は詐欺だの違法だのと言っているようだが、マン島で登録されている歴とした金融商品である。

RL360°は直接IFAに問い合わせて郵送で契約すれば法律的に問題なし!

RL360°の前身、Royal London360°(ロイヤルロンドン360°)は、1861年に設立された歴史ある会社である。

また、オフショア地域として有名なマン島で登記されている会社で、商品もマン島で登録されている。

150年以上の歴史を持つ会社で、マン島で登記・登録されている事から詐欺商品ではないと断言できる。

RL360°(ロイヤルロンドン360°)の積立投資商品の評判や口コミは?オフショアマン島籍で150年以上の歴史がある信頼性の高い会社である!

金融ビックバンにより、日本人が海外の金融商品を購入する事も何ら問題なく行えるようになった。

保険業法186条により海外の生命保険の加入に関しては内閣総理大臣の許可が必要だ。

RL360°の積立投資商品Quantumは、契約中に亡くなると時価総額の101%で受取人が受け取れる。

この1%を取って生命保険と言っている人がいるようだが、生命保険の体を成しておらず、生命保険とは言えないので気にする必要もない話だ。

金融ビックバンにより日本人が海外の金融商品を購入するのは問題ないのだが、販売側には規制がある。

金融庁に登録されていない商品の勧誘・営業はできないのである。

即ち、RL360°に興味を持ったとしても販売サイドから近寄ってきてはくれないので、自らRL360°の正規代理店に連絡して契約をしなくてはならない。

RL360°はIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店が販売やアフターサポートを請け負うことになる。

IFAは香港などに登録されている。

日本人を受け入れているIFAも20社ほどあり、日本語で問い合わせが可能なIFAもあるので、興味ある人は直接IFAに連絡して、商品概要を聞いてみて、納得すれば契約という流れになる。

RL360°はマン島で登録されている商品なので、契約書を取り寄せて日本で書いて郵送する流れになる。

(香港で登録されていない商品は、香港内で契約・サインはできない。)

こうした事をサポートしてくれるのがIFAの役割だ。

間違ってもIFAでない人から商品説明を受けるべきではない。

商品概要を把握している事はなく、商品説明の能力もないはずだ。

そして何より法律を理解できていない。

まとめ
★RL360°は150年以上の歴史がありマン島で登記・登録されており詐欺ではない
★RL360°はIFAに直接問い合わせて郵送で契約すれば、合法である。

⇒ ご質問はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください