オフショア投資は製販分離方式なのでしっかりとサポートを受けられるIFAの選択が重要!

オフショア金融商品の購入を考えて色々と調べていると、「IFA」という言葉が出てくる。

「Independent Financial Adviser」の略であるが、販売時や事後のサポートを担当する組織であり、このIFAの選択がオフショア投資の成功のカギを握っているといっても過言ではない。

オフショア投資のプロバイダーはシステムを提供!IFAはサポートを提供!

RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°)やInvestors Trust Assurance SPC (ITA、インベスターズトラスト) などのオフショア金融投資商品に興味があっても直接契約する事はできない。

契約はIFAと呼ばれる正規代理店を通じて行う「製販分離方式」が採用されているのだ。

イメージとしては製薬業界と似ている。

製薬メーカーが直接個人に薬を売ることはなく、薬局を通じて購入することになるが、オフショア投資に当てはめると、製薬メーカーがRL360°やITA、薬局がIFAになる。

IFAがお客さんの希望や資産状況をヒヤリングし、お客さんにあった商品を案内するといった仕組みだ。

投資自体はRL360°やITAで行う事になるが、契約後のサポートもIFAが行うので、同じ商品に契約してもIFAによってサービスが異なるのだ。

RL360°やITAは商品というシステムを提供しているだけで、サービスはIFAが請け負うので、商品プロバイダーよりもIFAによって差が生じてくる。

また、海外の商品であるが故にサービスが受けられなければ困る事も多く出てくる。

例えばお金を引き出したいと思った時に、しっかりとサポートしてくれるIFAであればスムーズに事が運ぶが、サポート力が悪いIFAであれば引き出しが困難になる。

オフショア投資を契約している人でも、自分がどのIFAと契約しているか把握していない人も多い。

その多くがIFAとの間に紹介者などを挟んでいるケースであり、その紹介者と連絡が取れなくなっているからだ。

オフショア投資で成功したければ、サポート力があるIFAと直接契約しなければならないという理由はここにある。

 

⇒ご質問等はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください