IFAは人ではなく企業で契約しないとリスクが大きいので要注意!

2017/7/13(木)-19(水)香港に行きますよー!
⇒ 詳細はこちら

オフショア投資の正規販売代理店であり、契約後の事後サポートも受け持つのがIFA(Independent Financial Adviser)であるが、そのIFAはもちろん企業と契約をしなければならない。

個人で長期契約のサポートを請け負うのはリスク大!

数年前までは、IFAと言えばオフショア投資の正規販売代理店としてしか使われていなかったが、最近は国内のFPなどもIFAと名乗る人が増えているようだ。

IFAという言葉だけを取れば、「独立した金融顧問」となるので、国内でもそうした立場の人がいることだろう。

しかし、事後サポートまで含めて個人と契約するのはリスクが高い。

そうした個人はいつまでサポートしてくれるか分からない。

極端な話、明日亡くなってしまうかもしれない。

突然亡くなってしまったら、誰からもサポートを受けられなくなり、困った事態となってしまう。

オフショア投資でいうところのIFAでも、個人で活動している人がいるようだが、同じ理由でリスクが高い。

IFAは組織体である企業と契約しなくてはならない。

(法人でも組織にしておらず、1人社長であれば同じこと。)

また、オフショア投資で日本国内の会社が間に入ってサポートを請け負っているケースもあるが、わざわざ間に会社を挟む理由がない。

直接IFAからサポートを受ければ良いだけだ。

情報もサポートもダイレクトに提供してもらえば良い。

間に入っているサポート会社もIFAから情報を得ているので、又聞きになるだけだ。

オフショア金融商品のプロバイダー – IFA – クライアント

オフショア投資の契約はこの流れが一般的。

間に人や企業を挟むことなく、オフショア地域の金融当局で登録されていてサポート力の高いIFAと契約することが、オフショア投資で成功する為に最低限必要なことなのである。

 

⇒ご質問等はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です