IFAの移管はできるけど1社目が最重要!受け入れ条件があるので、好きに変更できる訳でもない。

2017年5月1日(月)~5日(金)in愛知。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

オフショア投資商品は、IFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる業者を通して契約をしアフターサービスを受ける事になる。

このIFAは契約後に移管(変更)する事も可能だが、受け入れる側のIFAは受け入れ条件を持っている。

移管できるからと言えど、やはり1社目のIFA選択が重要となってくる。

IFAの変更ばかりしている客は嫌われる⁉

オフショア金融商品は以下の様な流れで契約が行われる。

金融商品のプロバイダー(保険会社)-IFA-クライアント(顧客)

製販分離方式になっているのだが、金融商品は”箱”みたいなものである。

例えば、RL360°(旧名ロイヤルロンドン360°)やInvestors Trust(インベスターズトラスト)社の積立投資は、毎月ファンドを買っていくのであるが、そのファンドを貯めて置く”箱”を提供してくれているのである。

その”箱”の契約方法や使い方、そして事後に亘ってサポートしてくれるのがIFAである。

なので、サポート力が高いIFAを選択しなくてはならないのである。

このIFAは契約後に変更する事も可能である。

オフショア投資は長期契約になるので、サポートに不安があれば変更を考えれば良いのだが、IFAには各々受け入れ条件がある。

どんな客でも受け入れる訳ではない。

例えば、あまり投資額が低い人は受け入れしないIFAが多い。

また、移管ばかりしている人は良い客と思われないので、快く受け入れられる事はないだろう。

IFAは変更できるから・・・と言ってもやはり1社目が最重要である。

移管を考える事自体、サポートに不安を感じ嫌な思いをしているという事であり、好ましい事ではない。

オフショア投資を考えている人は、サポート力の良いIFAで気持ち良く投資を行っていってもらいたい。

また、運悪くIFAの移管(変更)を考えている人は、少なくとも2社目で自分に合ったIFAと契約できるようにしていくべきだ。

 

⇒ご質問等はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です