看護師(ナース)の為の資産運用講座!間違っても国内の生命保険を契約するな!

2017/12/28(水)-30(金)愛知県内にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!

白衣の天使「ナース」。

今はナースというより看護師さんと呼ぶ人の方が多くなった印象があるが、同世代の人よりも収入が多い仕事であるはずだ。

看護師(ナース)であってもなくても、国内の生命保険を契約するな!

看護師さんは、若くして専門職で活躍できる職種だと思う。

また、シフト制の仕事で夜勤も多く、他業種で働く同世代よりも年収が多い。

シフト制には別の側面もあり、シフトを作る前には希望休を提出でき、まとまった休みが取れる職場が多いのも看護師さんのメリットだと感じる。

夜勤明けから休みが続くシフトを作ってもらい、夜勤明けでそのまま旅行に出かける看護師さんが多い。

そして、話を聞くと「お金がない。」「今月は金欠です。」と嘆いでいたりする。

遊び過ぎなんだろうが・・・

(あくまで私の周りの一例です。)

仕事のストレスを発散する事はもちろん重要であるが、せっかく同世代よりも収入が多いので、資産運用に回すお金も確保する事を考えてもらいたい。

毎月引き落としで資産運用に回すお金を決めておき、それでも残ったお金で遊びに行くという感覚を先ずは身に付けるべきである。

だが、決して国内の生命保険に加入してはならない。

「死」を直面する職場でもあり、生命保険も身近に感じてしまうかもしれないが、国内の生命保険を契約しても自分の為にならない。

国内の生命保険は契約してから5年以内、遅くても10年以内に亡くならないとプラスにならない商品設計になっている。

これは日本が背負っている借金(国債)に原因がある。

日本は多額の借金を背負っていて、その穴埋めに国債を発行しているが、利回りが悪く、リスクが高いので誰も日本国債を購入してはくれない。

そこで政府は、銀行や生命保険会社などの国内金融機関に日本国債を購入させているのだ。

例え国内の利回りが低くても、銀行や生命保険会社は更に低い利回りで商品を設計すれば利益が出る仕組みになっているのである。

例えば、たったの1%の利回りしか出ない日本国債を銀行が買わされていても、それより低い金利に設定しておけば、銀行は儲かるのである。

銀行金利が0.1%にも満たないのはその為である。

生命保険も同じ理由で利回りが低いので、加入すべきではない。

とにかく、日本国内の金融機関・金融商品は日本国債に縛られているので、手を出すべきではない。

生命保険のセールスマン・セールスレディが近づいてくることも多いと思うが、そんな時はそっとその場を離れよう。

まとめると・・・

①毎月引き落としで資産運用に回すお金を確保しよう!
②日本国内の金融商品には手を出すな!

会社(病院)で財形貯蓄があり、5%以上の金利や会社が上乗せしてくれるシステムがあれば利用しても良いと思うが、それ以外は国内の金融商品は無視しても良いレベルだ。

21世紀初頭までは5%以上の金利が付く財形貯蓄の話はよく聞いたが、今ではほとんど聞かない。

では、①②を満たす為の金融商品はどこにあるかと言えば、海外にある。

日本国内の金融商品に手を出すな!と言っているので、もちろん海外になるのだが、海外の金融商品であれば日本国債に縛られていないので、それだけの利回りが期待できる。

また、積立型の金融商品であれば、クレジットカードを利用して毎月引き落としで資産運用ができるものもある。

引き落とされた後に残っお金で遊ぶことを考えれば、それだけでもお金に対する考えは大きく成長する事になる。

 

ご質問等はこちらから。

 

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です