自営業SOHOフリーランスの為の資産運用講座!

働き方が多様化している現代社会。

自営業・SOHO・フリーランスなど、呼称は様々だが、個人で仕事をして収入を得ている人も多い。

そうした人は、老後資金を自助努力で構築していかなければならない。

国の制度もダメだけど、日本国債を握らされている国内民間企業も宜しくない!

自営業・SOHO・フリーランスの立場で仕事をしていると、国民年金に加入をしているはずだ。

ここで語るまでもなく、国民年金だけで将来資金を構築できる訳はない。

人口が減少している日本、そして少子高齢化が進んでいる日本、年金制度は破綻への道を進んでおり、受給額の減少や受給開始年齢の引き上げなど、今後も改悪されていくことだろう。

しかし、だからと言って国内の生命保険会社や銀行が勧めてくるような年金プラン、金融商品に加入すべきではない。

何故なら、こうした日本国内の金融機関は、日本政府から日本国債を掴まされていて、利回りが出るような金融商品を組成する事ができないのだ。

日本政府が信用できないと国民年金に頼るのを止めたとして、国内の金融機関の年金積み立てプランや生命保険に入ったら、結局は日本国債を発行している日本政府にコントロールされるので、同じことである。

日本政府が信用できないのであれば、海外に目を向けるしかない。

日本だけでなく、海外にも当然ながら年金積み立てプランは存在し、日本人が契約する事も可能である。

クレジットカードで引き落としができ、毎月積み立てていく商品もあるので、日本に居ながらにして、海外の年金積み立てプランで老後資金を蓄えていけるのである。

そして、日本の金融機関と違い、日本国債に縛られていないので利回りが出やすいのが特徴である。

契約方法だけが注意が必要である。

日本では、金融商品取引法により、金融庁に登録されていない商品の勧誘・営業・販売行為が禁止されている。

販売側を規制している法律であるが、契約・購入すること自体は問題ではないので、自らIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる海外の金融商品を取り扱う正規代理店に問い合わせて契約を行うことになる。

こうしたIFAは香港やシンガポールに存在するが、日本人を受け入れているIFAも存在するので、サポートレベルの高いIFAを選択して契約すればよい。

自営業・SOHO・フリーランスの多くの人が、海外の年金積み立てを契約しているようだ。

 

ご質問等はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください