RL360°やインベスターズトラスト(Investors Trust)、いい加減な悪徳紹介者はどこにでもいる!IFAと直接契約しよう!

2017/7/13(木)-19(水)香港に行きますよー!
⇒ 詳細はこちら

海外の金融商品であるRL360°(旧名ロイヤルロンドン360°)やインベスターズトラスト(Investors Trust)、日本の金融商品でないので、最初に接するのはどこかのセミナーであったり、友人・知人からの紹介であるケースが多いと思う。

しかし、こうした人たちが商品知識があるとは限らず、また最後までサポートをしてくれる訳でもないので、注意が必要だ。

海外オフショア投資はIFAと直接契約する事が基本!

日本の金融庁に登録されていない商品は、金融商品取引法で国内での勧誘・営業行為は禁止されている。

だが、契約する事自体は、法的に何ら問題はない。

販売側を規制している法律になるが、この法律に沿って考えれば、国内で海外オフショア投資を勧誘するセミナーを行っているのは違法行為となる。

法律に乏しい人と接点を持つべきではない。

RL360°やインベスターズトラスト自体は、国内の金融商品にはないメリットがある投資商品であるが、その商品を紹介している人の知識がないケースが多い。

金融知識然り、法律知識然り。

故に情報が曲がって伝えられてしまうケースが多い。

中には、自分が扱っていない金融商品を悪く言い、自分が扱える金融商品に誘導するケースもある。

商品だけでなく、○○の商品を扱っている人は悪徳・いい加減と揶揄して、自分が扱っている商品に誘導する事もある。

RL360°にしても、インベスターズトラストにしても、残念ながらいい加減に商品を勧める人がいるのが現状だ。

それは商品が悪い訳ではなく、あくまでもその人の問題。

もちろん、そうした人が最後までサポートしてくれる事もない。

オフショア金融商品は、正規代理店であるIFA(Independent Financial Adviser)が契約から事後サポートまでを行う。

オフショア投資商品に興味がある人は、この基本に則って、直接IFAに問い合わせをして、商品説明を聞き、契約を行うべきである。

ポイントは、金融知識・法律知識、そしてサポート力があるIFAの選定に尽きる。

 

ご質問等はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です