英会話が出来てもHSBC香港の口座が開設できるか分からないが、英会話が出来なかったらHSBC香港の口座開設は出来ない!

2017/9/29(金)-10/1(月)東京・横浜にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年9月29日(金)~10月1日(日)in東京・横浜。相談希望者はどうぞ!

年々厳しさを増しているHSBC香港の口座開設。

少なくとも、窓口でコミュニケーションが取れないと、口座を開設する事は不可能だ。

必要最低限のコミュニケーション・英会話があれば口座は開設できる可能性あり!

HSBC香港が特別という訳でもなく、日本の銀行でも、日本語がままならない人が口座開設しようとしても拒否される事だろう。

もちろん、アメリカでも日本語しかしゃべらない人が口座開設する事は困難だ。

香港は英語と広東語が使われている。

その為、HSBC香港の口座開設をしたければ、窓口で英語か広東語でコミュニケーションを取る必要がある。

英会話が出来なければ口座開設をすることは難しいが、それでもHSBC香港の口座を持ちたいという人は、現地の情報に精通したサポート会社を使えばよい。

もちろん有料だが、事前に簡単なトレーニングを行い口座開設ができるようにしてくれる。

100%の実績を誇っているところもあるので、利用価値は高い。

では、英会話ができる人は簡単にHSBC香港の口座開設ができるかと言えば、実はそうでもない。

行員にヒヤリングされる内容に対して、問題ある回答をしてしまったら拒否されてしまう。

HSBC香港の口座開設で拒否されてしまうと、その記録が残ってしまい、最低1年は口座を開設する事ができない。

英会話に問題がない人でも、確実に口座開設したいのであれば、サポート会社を利用した方が賢明だ。

「お金があっても幸せになれるかどうか分からないが、お金がなかったら幸せにはなれない」という格言みたいな文言があるが、それと同じように「英会話が出来てもHSBC香港の口座が開設できるか分からないが、英会話が出来なかったらHSBC香港の口座開設は出来ない!」と言えるのである。

幸せはお金では買えないが、HSBC香港の口座開設はサポート会社にお金を払えば可能という見方もできる。

 

ご質問等はこちらから。

 

関連記事:

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です