シティバンク香港の口座解約方法とは?資金はオフショア地域に残しておくことをお勧めします!

2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月15,16日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

2017年1月1日から香港非居住者の口座保持者に対し、毎月HKD400の口座維持手数料を徴収しているシティバンク香港。

毎月約5千円の手数料となるので、年間約6万円!

安くない金額であるので、口座を解約したいと考えている人も多いようだ。

シティバンク香港の口座解約は全額引き出して、解約希望のレターを送ればOK!

シティバンク香港が毎月HKD400の手数料を徴収する事となり、シティバンク香港を解約する人が増えていると感じる。

シティバンク香港の口座解約は、先ず始めに口座内の資金をシティバンク香港以外の銀行口座などに移すなどして口座内資金をゼロにした後、口座閉鎖したいと電話、メール、レター等で伝えればよい。

口座閉鎖したいと伝えなくとも、口座内の資金が無くなれば手数料を取れなくなり、1年・2年と口座を触らなければ自然と口座休眠・凍結となり、口座閉鎖と同じような状態にはなる。

毎月HKD400の手数料が取られるシティバンク香港、口座維持するのが大変なので解約したくなる気持ちは分かる。

だが、せっかく香港に作成した銀行口座、その資金を日本に戻すのはとてももったいない。

元々シティバンク香港の口座開設を考えたのも何か理由があるはずだ。

その理由を思い出せば、オフショア銀行口座には利用価値があり、シティバンク香港ならずとも、オフショア地域に銀行口座を持っておく必要性がある事に気付くはずだ。

HSBC香港など他のオフショア銀行口座を活用する事をお勧めしたい。

HSBC香港は必要書類として英文の住所証明が必要だが、シティバンク香港の口座を持っているのであれば、そのステートメントに書かれている住所を利用する事もできるのだ。

 

ご質問等はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください