オフショア投資で他社IFAに移管不可能なホワイトレーベルな金融商品を購入するのはあり?なし?

2017/10/20(金)21(土)大阪にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年10月20日(木)21日(土)in大阪。相談希望者はどうぞ!
2017/11/2(木)-4(土)沖縄・那覇にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年11月2日(木)~11月4日(土)in沖縄・那覇。相談希望者はどうぞ!

オフショア投資はIFA(Independent Financial Adviser)を介して契約時から事後サポートまでを行うものである。

このIFAは途中で変更(移管)する事も可能。

しかし、中にはIFAが変更できない商品も存在している。

契約ルートが1社しかない独自商品を購入するリスクとは?

IFAの変更ができない商品とは、販売ルートが1社しかない商品の事である。

1つのIFAしか取り扱いがなければ、当然ながらIFAの変更はできない。

だが、こうした商品、そのIFAにとってはどうしても販売しなくてはならない理由があるようで、メリットを並べて強烈にプッシュする事があるようだ。

商品プロバイダー(保険会社)としても販売ルートが1社しかなければ、そのIFAに営業成績などのプレッシャーをかけるしかない。

IFAからすれば、わざわざIFAが変更できるといったネガティブな話をお客にする事などないだろうが、サポートが悪い、人間的に肌に合わないと思っても変更する事ができないので、大きなリスクと言える。

こうした商品、他商品のシステムを取り入れて独自商品としたホワイトレーベルである事が多いが、商品体系が同じであれば、各IFAで取り扱っている一般的な金融商品を契約した方がリスクは低い。

裏を返せば、複数のIFAが扱っている金融商品はそれだけ多くのIFAが認めている商品であると言える。

逆に、一つのIFAしか扱っていない商品は他のIFAが認めていない商品であると言える。

もしくは、他のIFAに扱わすことができない特殊な事情があるという事だろう。

そこにどんな事情があるか分からないが、私ならそうした金融商品を契約する事はない。

 

☆ご質問等はこちらから。

 

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です