世界の国債比較!先進7ヶ国(G7)の利回りを比較してみた。日本は異常な低金利!

2017/12/2(土)-3(日)上海にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年12月2日(土)~3日(日)in上海。相談希望者はどうぞ!
2017/12/9(土)-11(月)東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 2017年12月9日(土)~11日(月)in東京。相談希望者はどうぞ!

日本は資産運用に適さない国だが、その背景に日本国債の金利が低い事が上げられる。

では、海外の国債はどれくらいの金利となっているのだろうか?

先進7ヶ国(G7)の国債比較!

政治経済が安定していない国を比較しても意味がないので、日本を含む先進7ヶ国で比較をしてみたい。

G7各国の国債利回りは以下の通りになっている。

国名 1ヶ月 1年 10年 30年
アメリカ 0.989 1.416 2.390 2.898
イタリア -0.505 -0.323 2.049 3.194
カナダ 0.850 1.440 2.030 2.373
イギリス 0.243 0.426 1.328 1.904
フランス -0.637 -0.590 0.863 1.839
ドイツ -0.759 -0.739 0.449 1.261
日本 -0.125 -0.139 0.078 0.891

*2017年10月23日現在

10年もので利回りが高い順に並べてみた。

日本と同じように短期国債ではマイナスの国もあるが、長期で見れば2%を超える国が普通にあるのだ。

日本の金融商品で利回りが悪い理由はこの国債に原因がある。

財政難の日本は借金を補うために国債を発行せざるを得ないが、金利を上げられない。

金利を上げれれば、その返済で更に財政を苦しめてしまうからだ。

その一方、金利を上げなくても国債を回していける理由がある。

それは、銀行や生命保険会社などに国債を購入させているから。

言い方を変えると、低金利でも購入してくれる機関があるのだ。

そして、そうした金融機関が相手にしているのは金融リテラシーの低い日本人。

「政府―金融機関―日本人」と蜜月?な関係になっているのである。

こうした事に気付いている日本人は少ない。

 

海外では、国債に縛られる事無く自由に金融商品を組成する事ができる。

もちろん、その中に日本国債が入ってくることはない。

安定的に利回りが出せる国債だけでなく社債などを加えていき、4%程度を安定的に出せる商品が多く存在しているのだ。

この事に気付いた日本人は日本国内の金融商品には目をくれず、海外の金融商品を契約しているのである。

 

☆ご質問等はこちらから。

☆海外オフショア投資の勉強会・セミナーやってます。詳細はこちらから!

 

 

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です