海外オフショア投資はメンターとなれるIFAを探せるかどうかが一番のポイント!

2018年10月5,8,9日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

海外オフショア投資において、皆さんが一番気にするのは「どんな商品を選択するか?」であるように感じるが、私はIFA(Independent Financial Adviser)の選択が最も重要なポイントと考えている。

IFAは契約時だけでなく事後サポートまでお世話になる、正にメンター!

メンターとは、企業で新入社員などの精神的なサポートをする為に、その専任者を置く制度の事で、日本のOJT制度が元になっている言葉のようだ。

仕事上の指導者、助言者の意味があるが、今では仕事に限らず、何かしらの指導者・助言者といった意味で使われる事が多い。

海外オフショア投資を行う上でのメンターは誰になるのだろうか?

探すとしたら、それこそズバリIFAである。

海外オフショア投資は以下の流れで契約が行われる。

【商品プロバイダー】―【IFA】―【クライアント】

IFAは契約時だけでなく、事後サポートまで受け持つ会社である。

例えば香港には200~300くらいのIFAがあると言われているが、日本人を受け入れているIFAは20社ほどと言われている。

その中からしっかりとサポートをしている会社を選ぶとなると、片手で収まるくらいだろう。

サポートをしっかりできるという事は、金融知識はもちろんのこと、国内外の法的知識も持っていなくてはならない。

つまりは、日本人にとって海外オフショア投資のメンターに成り得る存在だ。

「メンター=個人」とイメージする人もいるかもしれないが、個人ではその人がいなくなってしまった時に困ってしまう。

組織として情報を持っていてサポートをしてくれるIFAをメンターにするのが、海外オフショア投資を成功させる肝と言える。

メンターは指導者・助言者と冒頭に書いたが、IFAのAはAdviser(助言者)なのである。

私のブログに相談してくる方の半分以上はIFA、もしくは何故かその間に入っている紹介者に関する事である。

初めからメンターとなれるIFAをしっかりと選択しておけば、契約後に大きな問題は生じないはずである。

 

☆ご質問はこちらから。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください