サンライフ香港の生命保険、被保険者18歳未満であれば契約者だけが渡航すればよい!

2018年10月5,8,9日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!
2018年11月9,10日in沖縄!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

香港などのオフショア地域には、日本にはない魅力的な金融商品が多い。

生命保険もその中の一つと言える。

オフショア金融商品の中には郵送で契約できるものもあるが、生命保険の場合、日本にいながら契約できる商品は見当たらない。

生命保険は若い時に契約した方がお得だが、現地に子供を連れて行くのはハードルが高い?

例えば、香港籍の金融商品は現地香港に行かなければ契約できない。

日本人の加入を受け入れている香港籍の生命保険商品としてサンライフ香港(SunLife)が有名だが、もちろん香港に渡航しなければ契約できない。

生命保険は商品の特性上、若ければ若いほどお得に契約できる為、子供に加入させたいと考えている人も多いようだ。

⇒ 海外生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

その際、小さいお子さんを香港に連れていく事で悩む人もいるようが、サンライフ香港の場合、被保険者が18歳未満であれば被保険者が香港に渡航する必要はない。

契約者は18歳以上でなければならず香港に渡航しなければならないが、18歳未満のお子さんを被保険者にして親が契約者になるのであれば、お子さんは渡航する必要がないのである。

生まれたばかりのお子さん(赤ちゃん)に対して生命保険をかける事もできるのだ。

 

LCCも一般的になり、契約者である大人が一人で香港に行くことはハードルがとても低い時代になった。

香港は宿泊費がやや高かったりするが、行きも帰りも深夜便を利用して0泊3日の弾丸で香港に行く人もいるらしい。

それ位の気概がある人がオフショア投資での成功者になると言えるのかもしれない。

だが、せっかく香港に行くのであれば、観光する事もお勧めしますが…

 

ご質問等はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください