サンライフ香港の必要書類は?日本語の住所証明でOKで住民票でも大丈夫!

2017/12/28(水)-30(金)愛知県内にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちら 相談希望者はどうぞ!

オフショア投資は海外籍の金融商品。

その為、英語での身分証明が必要な事が多いが、生命保険で有名なサンライフ(Sun Life)香港は日本語の身分証明だけで契約できる。

サンライフ香港で必要な証明書とは?

例えば、HSBC香港の口座開設をする際にはパスポートと共に英文の住所証明書が必要になる。

国際免許証を取得して、英文の住所証明とする人が多い。

だが、サンライフ香港では特に英語の住所証明は必要としない。

親を契約者に18歳未満のお子さんを被保険者にして契約する事が可能だが、この際には家族全員の名前が載っている住民票を用意すればよい。

香港に入国すると、イミグレで小さな紙で入国証明書をもらえる。

その紙も必要となるので、無くさないようにしなくてはならない。

 

サンライフ香港は香港内で契約しなくてはならない商品である。

その為、香港に渡航しなくてはならない。

せっかく香港に行くのであれば、HSBC香港の口座開設を行った方が良いと思う。

HSBC香港の口座開設も考えるのであれば、英文の住所証明書が必要になる。

サンライフ香港 HSBC香港
契約者
年齢
18歳以上
(親が契約者となり18歳未満の
子供を被保険者にする事は可能)
18歳以上
必要
書類
パスポート
住所証明書(日本語可)
香港入国証明書
パスポート
英文の住所証明書
香港入国証明書

サンライフ香港の契約、HSBC香港の口座開設、ともに半日(2~3時間)あれば終了する。

丸1日あれば、サンライフ香港の契約ができ、HSBC香港の口座開設までができるのだ。

サンライフ香港を取り扱っていてHSBC香港の口座開設にも強いIFAにお願いして、どこか1日、事前予約しておけば良いだろう。

行きも帰りも深夜便を利用して0泊3日の弾丸ツアーで行く人もいるらしいが、プラス1泊、2泊と付けて夜景・食事・マッサージ・ショッピングを堪能する人が多いのかなと思う。

 

☆ご質問等はこちらから。

 

 

LINE@始めました!【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
ご興味ある方は是非ご登録を!!
↓↓↓↓↓
http://line.me/ti/p/%40kif5111s

友だち追加

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です