【2014.3.11】東日本大震災から3年。ここにある変わらない日常。

2017/8/12(土)-16(水)まで愛知県にて面談可能です!
詳細はこちら 2017/8/12(土)~16(水)in愛知。面談希望者はどうぞ!
2017/8/17(木)-20(日)まで東京・横浜にて面談可能です!
詳細はこちら 2017年8月17日(木)~20日(日)in東京・横浜。面談希望者はどうぞ!

私は関西圏に居住している。

東日本大震災から3年経った今日、いつもと変わらない日常を過ごしている。

 

テレビも日々変わらない情報が流れている不思議さ

今日は火曜日。

いわゆる「帯番組」が流れている。

もちろんニュースもあるが、最近の朝番組はワイドショー的な要素が大きい。

東日本大震災の報道はもちろんされているが、番組によってはトップ扱いではない。

昨日・今日に起こったリアルタイムの事件・出来事の方を重視するのだろうが、見ていると昨日・今日起こったというだけで、そこまで重要な問題か?と思う。

こうしたニュースは間違いなく「風化」する。

「風化」してもそれほど視聴者には影響がない。

 

しかし、東日本大震災は風化させて良いのだろうか?

いつもと変わらない日常を過ごせている関西圏、「過ごしている」のが正しいだろう。

特に何もしなくても問題は起こらないのだから。

これが「風化」への入り口ではなかろうか?

 

「今、私にできること」

関西に住んでいると、東北や福島での現状はわかっているようでわかっていない。

あの日、同じ日本で起こったことか?と目を丸くしたが、その後に点で繋がってくる情報は線にならずに、その時、その時で消化してしまっている。

3年間で起こったことを時系列で思い出せと言われても繋がらないことが多い。

 

「今、私にできること」

東日本大震災直後に多く見聞きしたフレーズである。

当時の自分自身、何かが出来たかと言われればそれも疑問だが、このフレーズは今も心に入れておかなければならないだろう。

関西にいてもまだまだ東北が復興途中だと言う事だけは認識できる。

1年後、2年後の3.11、自分はどのような心境で迎えるのだろうか?

 

関西に住んでいるので日々変わらない日常を過ごしている、過ごせている。

実はそれでいいのかな?とも思う。

「今、私にできること」、「今、私がすべきこと」これが何なのか、恥ずかしながら答えがない。

 

関連記事:
    None Found

Sponsored Link

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]