旧正月はどうやって決まる?香港の祝日は金融機関が閉まっているので要注意!

2018年12月30日~2019年1月6日in愛知!オフショア投資の相談希望者はどうぞ!
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

アジア圏で多く用いられている旧正月だが、毎年その日付は異なっている。

旧正月はどのようにして決まっているのだろうか?

旧正月は月の満ち欠けのサイクルが1ヶ月となっている!

日本を含め、世界的に使われているのは新暦。

閏年を除いて、毎月の日数は決まっている。

1月 31日
2月 28日
3月 31日
4月 30日
5月 31日
6月 30日
7月 31日
8月 31日
9月 30日
10月 31日
11月 30日
12月 31日

31日ではない月を、私は「西向く侍(2,4,6,9,11)」で覚えている。

侍がなぜ11かといえば、「11人の侍」と小さい頃に誰かに教えられたが、十一人の侍が上映されたのは1967年。

それより前からこの語呂合わせはあったと思うので、11人の侍は後付け。

調べてみると、11は漢字で「十一」であるが、縦に並べて書くと漢字の「士」となり、武士≒侍が正しい語呂の由縁らしい。

11人の侍の方が覚えやすい。

語呂合わせなので、それほど意味はなくても良いはずだ。

この新暦は太陽暦と言われており、地球が太陽を1周するのを1年としている。

地球が太陽を1周するのには365.2422日かかるので、4年に一度閏年として、2月が29日間となっているのだ。

更に、閏秒が入ったり、400で割り切れない100の倍数年(1900年や2100年)は閏年ではなかったりと細かな調整がされている。

 

では、旧暦はどのように決まっているかと言えば、1ヶ月は月の満ち欠けの1周期となっている。

月の満ち欠けは29.5日が1周期なので、12ヶ月だと29.5日×12か月=354日となる。

365日よりも短いので、数年に一度、閏月が入り13ヶ月となる年がある為に旧正月は毎年違う日になるのである。

ちなみにであるが、日本でも以前は旧暦を使用していた。

しかし、1872年(明治5年)に改暦を行い、それ以降は新暦(太陽暦)が用いられるようになった。

 

旧正月がいつかはインターネットで調べれば分かるが、その前後数日は祝日となっている。

例えば、香港の祝日は以下のサイトでまとめられている。

http://holidays-calendar.net/2018/calendar/hongkong_calendar.html

香港の祝日は金融機関もお休みになる。

銀行口座開設や何かの金融商品の契約に行こうと思うのならば、香港の祝日は要チェック!

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★ https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!をポチっとしてもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください