加工貿易国である日本、貿易赤字の謎。在庫はどこに?

2018/8/15(水)-17(金)東京、8/17(金)-20(月)愛知にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!
2018/9/8(土)-10(月)福岡にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

日本は加工貿易国。

資源は無いが技術が有るので、原材料を輸入し、それを製品化して海外へ輸出する、その鞘が利益となる。

2014年1月の貿易赤字が過去最大であった。

貿易赤字の赤字部分はどこからやってくるのだろうか?

 

加工貿易の赤字は在庫であるはず

仕入れと売上を考えれば、輸入が仕入れ、輸出が売上。

その差額が赤字となっている訳である。

在庫がゼロで赤字となれば、原価以下の価格で製品を販売していたことになる。

原油の値上がりの影響はゼロではないだろうが、原油値上がり分は製品価格に転嫁させているはずで、原油値上がり分がそのまま赤字になるとは考え辛い。

つまりは在庫が積み上がっていると言う事。

過去にも何度か貿易赤字になっているか、在庫が解消されるにつれて貿易赤字も解消されている。

解消されなければおかしい問題なのである。

時期がくれば在庫は解消されて貿易黒字に転換されるはずさ・・・と言うのが過去の日本の考え。

 

貿易赤字が解消されなければ・・・

貿易赤字が解消されなければ、

①在庫がさばけていない
②在庫破棄

が要因としてあげられる。

①は時期的な問題である。
②の場合は抜本的な問題。

②は構造的に対処しなければならない問題で、その業界の存続に直結する。

②が積み上がれば、日本全体の構造が変化していることを指す。

 

現在の日本は加工貿易国なのだろうか?

単純な疑問だが最近「加工貿易」の単語をあまり見聞きしない。

小学校か中学校の社会の授業で習ったはずだが、今でも「日本は加工貿易国」と教えているのだろうか?

貿易赤字の数字と付き合わせると、加工貿易の説明が難しくなってきているはずだ。
(義務教育では概念的な事しか教えないと思うが。)

 

製造国としてはアジアにお株を奪われている。

日本は製造国としてこのまま邁進していくのか?

それとも業態変更・変革していくのか?

貿易収支の数字からは目が離せない!!

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください