海外オフショア投資で契約後の責任の所在はどこにある?

2018年10月5,8,9日in香港!IFA訪問やHSBC口座開設に興味ある方はいませんか?
詳細はこちら ⇒ 希望者はどうぞ!

”投資は自己責任”とよく言うが、そういう意味ではなく、契約後も商品について質問できたり、困った時に責任を持って対応してくれるのはどこになるのだろうか?

海外オフショア投資の契約後の責任はIFAにある!

冒頭の質問に対しての答えをいきなり書けば、海外オフショア投資の責任の所在はIFAにあるはずだ。

【商品プロバイダー】-【IFA】―【クライアント】

オフショア投資は商品を提供している会社と直接契約する訳ではなく、IFA(Independent Financial Adviser)を介して行われる。

IFAは契約時だけでなく事後サポートまでを行う会社である。

しかし、日本では何故かIFAとクライアントの間に紹介者を挟んでいるケースが多い。

また、サポートを日本のどこかの会社に丸投げしているIFAもあったりする。

こうなると、責任の所在が曖昧となってしまう。

サポートを紹介者に負わせる事もあるようだが、サポートできるだけの知識がどれだけあるかは疑わしく、また契約途中でいなくなってしまう事も多い。

実際に、紹介者と連絡が取れなくなってしまいましたとメールで相談される事も少なくない。

間に入っているのが個人でなく会社であっても、突然連絡が取れなくなるケースがあるのだ。

そもそも、紹介者の上にいるIFAがどこかを把握しないまま海外オフショア投資の契約をしている人も多い。

海外オフショア投資を契約したら、どこがIFAなのかを把握して、直接サポートしてもらわなくてはならない。

その為には、紹介者は実は不要なのである。

海外オフショア投資の契約をしたければ、紹介者がいなくとも受け入れてくれるIFAに直接連絡して、サポート体制を確認してから直接契約をする事をお勧めする。

長期契約となるので、サポートがしっかりと受けられないまま契約するのは芳しくない。

 

☆ご質問等はこちらから。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください