銀行窓口販売の「外貨建て保険」が元本保証?銀行も低金利なので投資商品を売りたい時代だが…

2018/6/30(土)静岡、7/1(日)-3(火)横浜・東京にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

最近、日本の銀行でも多くの金融商品が販売されている。

外貨建て保険も販売されているが、その商品が何故か元本保証だと館違いしてしまう人が多いようだ。

銀行窓口販売の「外貨建て保険」、買う方も買う方、売る方も売る方。

日本の銀行窓口で販売されている金融商品、トラブルが絶えないらしい。

⇒ 「元本減った」高齢者トラブル絶えず 銀行窓口販売の「外貨建て保険」

銀行窓口で販売する保険商品をめぐって、トラブルが絶えない。特に、投資性の高い一時払い保険「外貨建て保険」に対し、高齢者を中心に「元本保証だと思っていたのに損失が生じた」といった相談が寄せられているという。

元本保証だと思った、というのが良く分からない。

買った方にも問題があると思うのだが、高齢者を中心に・・・というのがポイントかもしれない。

高齢者にしか相手にされないのが、銀行窓口での保険営業なのだろう。

銀行も低金利時代が続き、預貯金だけでは利益が出ないので、投資商品の販売に力を入れているのかもしれないが、そもそも投資商品の知識がある人たちではないと思う。

買う方も買う方だが、高齢者をターゲットに売る方も売る方ではないだろうか?

そういえば、信金に勤める友人が、高齢者の子供や孫に怒られる事があると言っていたような・・・

⇒ 日本の金融マンはクライアントの子供や孫に怒られる⁉

そもそも、日本国内の銀行窓口で販売されている保険、外貨建てであっても魅力的な商品なはずがない。

金融庁に登録するのに多額なコストがかかり、銀行でも営業コストが必要となるので、顧客優位ではない。

外貨云々ではなく、海外の生命保険は日本の生命保険より確実に、数倍優れている。

その恩恵を受けたいのであれば、海外の正規代理店を通して契約するしかない。

 

海外生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

☆ご質問はこちらから。

☆海外オフショア投資の勉強会・セミナーやってます。詳細はこちらから!

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.