香港に行く機会があれば…ではなく行く機会を作ってでもやる価値があるのがオフショア投資では?

2018/8/15(水)-17(金)東京、8/17(金)-20(月)愛知にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!
2018/9/8(土)-10(月)福岡にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

日本から一番近いオフショア地域と言えば香港。

時間・値段の両面で、日本からとても近い場所である。

香港に行く事を躊躇う理由はあるのだろうか?いや無い!

オフショア投資はマン島籍のRL360°(旧名ロイヤルロンドン)のように郵送で申し込めたり、ケイマン島籍のInvestors Trust(インベスターズトラスト)のようにインターネット上で登録が完了する商品もある。

しかし、SunLife(サンライフ)など香港籍の金融商品は香港に渡航してサインをする必要がある。

この香港渡航を何故か躊躇する人がいる。

香港に行く機会があれば・・・

香港に行く機会がないんです・・・

とても不思議なコメントである。

オフショア投資商品やHSBC香港の口座開設を目的に渡航しようと思わないのだろうか?

何かのついでに行うのがオフショア投資ではないはずだ。

考え方が全く逆であり、オフショア投資の契約やHSBC香港の口座開設のついでに観光や食事、ショッピングを楽しめばよい。

東京や大阪から香港までのフライト時間は5時間前後。

LCCを使えば往復3万円もあれば香港に行けるが、この料金は東京ー大阪を新幹線で往復するのと変わらない。

便によっては東京ー大阪間の往復より安い時もある。

また、深夜便を利用すれば0泊3日の強行スケジュールで渡航する事もできる。

0泊3日、スゴイ事を言っているなと思う人もいるかもしれないが、やってる人はやっているのである。

オフショア投資のプロバイダー(保険会社)は突然日本人を受け入れ拒否する事がある。

HSBC香港も年々口座開設のハードルが上がっている。

早め早めに行動する事をお勧めするが、香港は何かのついでに行く場所ではなく、機会を作って渡航する場所なのである。

 

☆ご質問等はこちらから。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください