香港シティバンクの凍結・休眠・閉鎖・解約の相談が多い!海外にある資産は大事にしよう!

2018/6/30(土)静岡、7/1(日)-3(火)横浜・東京にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

香港の銀行と言えばHSBCが筆頭と言える。

HSBC以外にシティバンクやスタンダードチャータード、ハンセン銀行などを持っている人もいると思うが、最近はシティバンクの凍結・閉鎖・解約に関する相談が多い。

シティバンク香港の口座を閉鎖してHSBC香港を口座開設すれば良し!

香港で銀行口座開設と言えばHSBCだが、口座開設に失敗して他の銀行に流れてしまうケースもあるようだ。

(HSBC香港の口座開設を確実にしたければ、100%実績のある業者にお願いするのも一つの方法。)

最近ではスタンダードチャータードに流れるケースが多いが、一昔前はシティバンクを作るケースも多かった。

シティバンクは日本人だけでなく世界中で名を知られている銀行であるが、日本国内での個人業務からは撤退をしている。

また、香港のシティバンクでも2017年1月1日から香港非居住者の口座保持者に対し、毎月400香港ドルの口座維持手数料を徴収しており、放置しておけば毎月資産は目減りしていってしまう。

シティバンク香港手数料アップ!HSBC香港口座開設時に動画撮影で可視化へ!

こうした背景から、シティバンク香港の口座の解約を考えている人が多いようだ。

また、このような状況になって、自分のインターネットバンキングにログインしようとしたら凍結されていた、クレジットカードを使おうとしたら使えなかったという状況になって対応に困っている人も少なくない。

シティバンク香港自体は日本人にとって使い辛い口座になってしまったが、香港にある自分の資金・資産は大事にしてもらいたいと思う。

海外にお金を持っていく事自体が難しくなっており、海外に自分の資産があるのは貴重である。

HSBC香港の口座を開設してそこに移すのがベストな戦略だろう。

自分でシティバンクの解約からHSBC香港の口座開設まで行えればベストだが、自力で出来ないのであれば、有料となるが、現地情報に精通している業者にお願いするのも一つの方法である。

 

ご質問等はこちらから。

 

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.