日本で保険に入れない人でも加入できる可能性がある海外の生命保険!

2018/4/27(金)香港にいます! 
詳細はこちら ⇒ 香港IFA訪問やHSBC口座開設に興味がある人は是非!
2018/5/31(木)-6/5(火)沖縄にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

日本の生命保険に加入したくても告知の段階でNGになってしまうケースがある。

日本では健康体でないと生命保険に加入する事は困難だ。

だが、海外であれば、日本で断られたケースでも加入できる事がある。

受け入れ範囲が日本よりも広い海外の生命保険!

日本でも海外でも生命保険に加入する時は被保険者の告知義務がある。

告知とは過去の傷病歴や現在の健康状態、そして職業などを伝える事。

年齢も若く大きな問題がなければスムーズに加入できるが、状況によっては健康診断が必要であったり、加入が断られる事もある。

この受け入れ許容度が日本よりも海外の生命保険の方が広い傾向にある。

例えば過去の傷病歴。

日本では過去を気にするが、海外では完治していれば問題としない事が多い。

海外であれば何でもかんでも受け入れるという訳ではないが、日本の生命保険では加入NGであったケースでも、海外の生命保険では加入できたケースが多々あるようだ。

この理由として、日本の生命保険は健康体でなければ受け入れられないだけの運用しかできないからだと思われる。

海外の生命保険は日本の生命保険に比べて運用率が高いが、その分、受け入れ許容範囲も広い。

要は実力の差である。

単純に日本と海外の生命保険の比較をしても、支払い保険額、解約返戻金は海外の方が高い。

また、途中で一部引き出しできるなど、商品設計としての自由度も高い。

海外の生命保険の方が運用利回りが高いという事だが、そうした背景もあって、海外の生命保険の方が多くの人を受け入れるだけの実力(余裕)があるという事だろう。

利回りばかりに目がいってしまうが、会社の実力としても、日本の生命保険会社よりも海外の生命保険会社の方が数段上であり、安心して加入する事ができる。

 

海外生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

☆ご質問等はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です