日本居住の日本人⁉オフショア投資と住所・国籍の関係性とは?

2018/5/31(木)-6/5(火)沖縄にてオフショア投資の相談可能です! 
詳細はこちら ⇒ 相談希望者はどうぞ!

オフショア投資の契約条件で”日本居住の日本人はお断り”という文言を見聞きする事があると思う。

オフショア投資は国籍だけでなく住所が契約に関わってくる事が多いのだ。

日本居住の日本人が契約不可となるケースが多いオフショア投資!

オフショア投資のプロバイダー・保険会社が”日本居住の日本人”を契約NGにする事が多い。

この時に、”日本居住の日本人”という言葉を目にする事になる。

日本人と言う国籍と日本の住所がセットになっているのである。

年々日本居住の日本人が契約できるオフショア投資商品は減っているが、日本人であっても海外の住所を持っていれば話は別となる。

日本居住の日本人を受け入れNGにする理由は、日本政府・金融庁の圧力だったり、金融リテラシーの低い日本市場を相手にしていられないなど理由は色々と推測されている。

しかし、日本人であっても海外に住んでいる人であれば、こうした状況から回避できる。

海外に住んでいれば日本政府・金融庁の圧力は関係なくなる。

また、日本人であっても海外に住んでいれば金融リテラシーが高いと評価されるからだろうか?

理由はともかく、日本人であっても海外に住所があれば選択できるオフショア金融商品のラインアップが変わってくる。

ただし、日本以外のどこの国の住所でもOKかと言えばそんな事はない。

例えば、アメリカの住所はNGとなる事が多い。

と言うのも、アメリカがオフショア金融に対して否定的な側面があるからだ。

 

オフショア投資は日本居住の日本人を排除する傾向にある。

その為、オフショア投資に興味がある日本居住の日本人は早めに行動を起こした方が良い。

日本以外に居住している日本人の方でオフショア投資に興味がある人は、自分の住所で契約可能かを確認しなくてはならない。

その為には香港やシンガポールなどのオフショア地域や日本だけでなく、多くの国の法律を把握している正規代理店に確認してみる必要がある。

 

ご質問等はこちらから。

 

LINE@やってます!
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加


Sponsored Link
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です