アジアでは何が起こっているのか?不可思議な事が多過ぎる。

2017年6月in那覇&札幌。面談希望者はいらっしゃいますか?
⇒ 詳細はこちら

ここ数日、アジアで起こっていることは不思議な事が多過ぎる。

マレーシア航空機の消息不明事件や横田夫妻が突然ウンギョンちゃんと面会、その裏にある背景は?

 

マレーシア航空機に関する情報戦

マレーシア航空機の消息が不明になってから10日ほどが経つ。

実はアメリカも中国も大筋の情報を把握しているのではないかと思う。

民間機が忽然と姿を消し、それがどのレーダーにも本当に反応しておらず消息を掴めていないとしたら、軍事的に考えて問題である。

レーダーの脆さを露呈していることになるが、それは相手に隙を見せていることになる。

 

情報が小出しにされている感じがする。

アメリカ・中国も持っている情報を全て明らかにすると、自軍の軍事力を公にする事になる。

逆に情報を小出しにする事により、お互いの軍事力を把握しようと考えているはずだ。

表向きには消えた「マレーシア航空機」のミステリアスな部分がクローズアップされているが、裏では情報線が展開されているのだ。

 

拉致被害問題とモンゴル政府

北朝鮮の拉致被害問題、横田夫妻と孫のウンギョンさんがモンゴル政府の計らいでモンゴル国内で対面したようだ。

何故、モンゴル?と疑問が浮かぶ。

モンゴルと北朝鮮と考え付くのが中国も関係しているのではないか?という点。

「日本-モンゴル-北朝鮮」ではなく、「中国-モンゴル-北朝鮮」。

中国が裏で何かを動かしている感じがする。

それが良い意味なのか悪い意味なのかはわからない。

モンゴルが直接動く理由が見当たらないのである。

 

横田夫妻がお孫さんと会えたのは良いことだ。

拉致被害問題の解決にも直結するかもしれない。

私が考えていることなど日本政府もわかっているはずで、政治面含めてプラスになると思っての判断であろう。

拉致問題の解決を切に願う。

 

アジアを巡る問題は領土問題を始め多岐に渡る。

しかし、表面上の問題と裏の駆け引き、何が起こっているのかを考えると違うアジアが見えてくるかもしれない。

我々一般人が把握できる世界ではなかろうが・・・

 

関連記事:
    None Found

Sponsored Link